ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:7338件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2023/11/11のBlog
[ 00:04 ] [ Yuo コーチの・・・ ]
今日のナイター練習!!

日中、冷たい雨が降っていて活動場所がなかったので急遽、1,2年生でのミーティング。

普段、チームではあまりミーティングは行いません。全体に伝える事ってほとんど入らないので(笑) 

それでも新チーム最初の意識統一を含めたものが必要だったので今日はその時間に費やしました。
自分は現場だろうが、ミーティングだろうが、気持ちを100込めてぶつかりますが、受け止める子供達ってそういうのがあまりありません・・。

まぁあるあるの一つですが・・・心込めてがんばった経験のない子は当然心込めてがんばる人を受け止める器量もない子なんです。

未だに1年生の大半は挨拶の握手も目を合わせられない子が大半です。
それは自分の努力に、自分で後ろめたいからなんです。

もしくはコーチに心が負けているからなんです。子供はこうやって行動で自分の心を示します。

親御さんはよくそんな子供達の気持ちを自分の解釈で代弁してくださいますが(笑)、正直、親御さんの印象とコーチの前でいる子供のイメージは違うものが多いです。
全体ミーティングをしてから、最後はグループミーティングをしてもらいました。

でも、結局はそのグループから出てくる言葉のほとんどはコーチが伝えたものになるのです。だから、どんな話し合いをしたか?!というよりも【コーチのどの言葉をキーワードとして捉えているか?】を試している感覚です。


まだ新チームは【本気の芽】は出ていません。
でも、ある方がおっしゃっていました・・・。

【うまくいっていない時は根っこを作っている時だ】

と・・・。まさしく、今です!芽ではなく、根。

急がず、焦らず、コツコツやっていきます!
2023/11/09のBlog
[ 22:15 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

無理もありませんが、なかなか響きません・・・。

大事な事を伝えるのに、本人の思考が【出来る=うまい。出来ない=下手】という感覚が植えつけられているから抜け出せない。本人の意識が抜け出せないから大事なものが入らないこの感覚・・・。

最大のギャップは子供達は、【新しい動作を教えてもらっている】感覚に対して、こちらは【最初から出来ているのに余計な習慣によって乱れている姿勢を直す】という感覚。

頭と心を整理してもらわないと入らない・・・。

絶対にみんなが出来る動きなんです、一つ一つが。

そもそもそうやって動く身体なんです。
でも、心が否定してしまう。

根っこが無理だと思ってしまう。

だから出来ないという結果になる。

トレーニングって自分との戦いになるというのはこういう所が大きいのです。
がんばる、という美学によって【力む】しか出来ないし、知らない。その世界の限界を極めてほしいと願う大人もまた多い・・・。

人間の最大の力の発揮は【あそびを知っている人間の力み】であり、【緩める事が出来る人間の力み】なんです。

出来ない、知らない今のみんなの最大値は最大値じゃないんですよ。
ここをどう理解させていくか?楽しいと、興味を持ってもらえるか?そこが全てのような気がします。

爆発的に変化、成長するか?!諦めて【がんばるしか出来ない選手】で終わるのか?!

この先の変化に注目です!!楽しみにしています!!
2023/11/07のBlog
[ 22:38 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!

スポーツに関わる大人がみんなで考えないといけない部分。

この時代、様々なスポーツの種目が増えて、選べる時代。しかも同じ種目でも自分の【好み】で選べてしまう・・・。

良さでもあるが、そこが問題にもなっている部分。
指導者の資格研修会などに参加した際に必ず言われるのが【プレイヤーズファースト】です。文字通り【選手第一に考えた指導】という事です。

でも、今の時代ここを勘違いされている人が増えている感じがします・・。

うちの子にとって一番適した環境、ではなく
うちの子にとって一番都合の良い環境

になっていませんか???
そして、最大の課題としては、

【うまくなりたい!】という子よりも、

【うまくさせてください!】の子のほうが圧倒的に増えているという事。

そういう思考だから【私のチームからは○○トレセンが○人います。○○大会で優勝しました。チームは上位リーグにいます。】

みたいな言葉でチームを選ぶ。
もちろんそういうチームに所属し、一人一人が勝ち気を持って勝負している環境ならばそれで成立します。

でも、そうじゃない事例のほうが多いのです。スポーツをやる意味、好きな種目を選んだ意味、どうも子供達から出てくる感情も曖昧にしか見えないのです・・・。

【好き】がにじみ出た選手ばかりのチームに出来ないものかなぁ~・・・・。
ファルコでサッカーが好き!!って気持ちにさせたとしたら、その時がようやくスタート地点なんじゃないですか???

みんな本当にスタート地点にいますか?

チームスポーツですよ?個人種目じゃないのに、自己満足、自己採点、自己評価ばかりで終わっていませんか?それは【サッカーが好き】じゃなくて、【サッカーの中の一つのプレーが好き】なんです。

どうしてみんなはサッカーが好きなんですか?仲間がいるからじゃないのですか?そんな仲間に感謝していますか?協力出来ますか?悩みも打ち明けられますか?それらも全てひっくるめて【サッカーが好きです!】ってみんなに出会いたいですね!


言われた事しか出来ない、がんばれない、そんなのは主役じゃないのです。

好きでやっているならば、全員が主役になるべきなんですよ。11個のポジションがあり、それぞれの個性が混ざり合っていくつもの戦術が出来る・・・それがサッカーの最大の面白さのような気がするし、そんなチームを目指します!
2023/11/04のBlog
[ 21:27 ] [ 試合結果 ]
今日はまた朝から香寺総合運動公園グランドにて交流試合がありました。

昨日は2,3年生と一緒に参加をして、今日は1,2年生とプラス小学生を加えたメンバーで参加をしました。

今日も良い天気になる前触れでもある【霧】がとても濃かったので運転には気をつけながら会場入りすると・・・綺麗な紅葉が目の前にありました。季節を感じられるのは日本の良さであり、田舎に住んでいるとよりそれを感じられる良さでもあると思います。

この場所に居られる事に幸せを感じながら・・・今日も選手とがんばりました!
今日の交流はパシエンシアさんと赤穂さんとの時間でした。

久しぶりの交流になるパシエンシアさんは相変わらず子供達を主役する意図がよく見えるし、選手が自分達で何かを変えようと努力しているのが伝わります。

赤穂さんは選手の距離感が良くてこちらの我慢の守備を一発で崩壊させてくるコンビネーションは健在でした。どちらのチームもうちにはないカラーがあり、良さがある。

それを学びとして取り入れ、その上でファルコらしさも出していく!!やるべきテーマはそこが全てですね!
試合の時間はもちろん、トレーニングも、試合の合間も、移動中も、全ての時間が彼等一人一人を支えている時間なのです。それをしっかりと受け止めた上で変化や成長を一緒に感じていきたい!

昨日、一人の1年生のサッカーノートを読ませてもらってすごく心に響いたし、自分というコーチの役目の大きさ、重たさも改めて痛感させられた。自分(コーチ)がいるという事の意味と価値をしっかりと高めていく努力をしないといけないと思いました。
途中加入してくれた凌矢くんを含め、新メンバー、新チームでのスタートとなる試合でした。

3年生の力を借りれなくなった寂しさと同時にやらないといけない責任感を持ってやっていく2年生の成長を楽しみにしています。試合は各自のがんばりや意識の高さはしっかりと伝わったし、単体でのがんばりはとてもよく見えた。

でも、繋がりが課題になってくる。他人への配慮、気配り、がちょっと足りないメンバーが多いのが今後の課題にはなってくるけれど・・・成長していく中で、こういう部分に自然と目がいく子も増えてくるので、コーチとしては慌てる事なく各自の成長を待ちたいと思う。
1年生も2年生も、小学生も、最後までよく走ってくれたし、二人参加してくれた3年生も後輩のお手本となるピッチ内での違いを見せつけてくれた。

各自が主役になる事が目標ですし、今日はそこの意識が3年生に頼れない分、いつも以上にしっかりと出せていたように思います。2年生はみんなで輪になる時間が多く、新しいメンバーが増えている受け入れる体制がしっかりと取れている事は2年生の良さだと思います!!

これからまた新しい歴史を積み上げていくみんなです!しっかりとその時間を楽しみましょう!!

対戦してくださったパシエンシアさん、赤穂さん、ありがとうございました【礼】
2023/11/03のBlog
[ 18:52 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は神戸の垂水健康公園グランドにて交流試合がありました!

文化祭シーズンなので人数は3分の2ぐらいでの試合となりましたが、今日はいつも仲良くしてもらっているバサラ須磨さんとの合同での試合が出来る機会だったのでちょうど良い人数で全員がしっかりと試合を経験出来る時間となりました。

バサラ須磨さんとは交流は多くても同じチームで戦う事はもちろん初めてだったので、一つになれるように【ファルコ式団結式】を行いました(笑)
何をやっているか?は写真では伝わりませんが・・・(笑)

ファルコの2年生はとてもナイーヴでシャイな子が多いのですが・・・そんな殻を破っていかないと新しい自分の可能性には出会えません!!という事でバサラ須磨さんに向けての一発芸を多数披露!!お見せ出来るものは少なかったのですが・・・(笑)、こういう誰かと誰かを繋ぐ為に自分をさらけだす【勇気】ってたった一回で自分を変える事がありますよ。

今日勇気を持ってやってくれた2年生の精鋭達!!本当に素晴らしかったです!
おかげで試合も急造チームにも関わらず、お互いの良さが噛み合い、バンディオンセ神戸さんとのゲームだったのですが、負ける事がありませんでした。みんなの良さが他者にも伝わる事はとても喜ばしい事だし、みんなの人間性がより高まった一日になったと思います。

試合をやる価値はもちろんありますが、それ以上にこうした人の繋がりはもっともっと大きな価値があると思います。
良い天気に恵まれた中、相手チームのコーチには一緒にサッカーさせてもらったメンバーがいて驚きと喜びがありました。また会場近くの高校にはよく勉強に寄らせてもらっているのですが、そこの勉強教えてもらっている梶村先生まで顔を出してくださるなど、人の繋がりに改めて喜びを感じさせてもらえる時間となりました。

試合のほうも、2,3年生が融合し、3年生は相変わらずの存在感と2年生がそこに混ざって自分を精一杯出そうとがんばる姿がとても良かったです!
違うチームのメンバーと初対面でのゲームの後にここまでの笑顔を出せるチームはなかなかないと思います!!

バサラ須磨さんの良さも引き出せる時間になったし、真面目なメンバーだった彼等も一発芸で応戦してくれました!!心をさらけ出すお互いの時間によって本当に心の幅がさらに広がったと思います。

またこんな交流をする機会があるといいですね!一緒に闘ってくれたバサラ須磨さん、対戦してくださったバンディオンセ神戸さん、本当にありがとうございました【礼】
2023/11/02のBlog
[ 22:17 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

分かってますよ!他人を変えるなんて出来っこありませんから!

でもね、【うまくなる】という事を皆さんも一度しっかりと考えるべきだと思うのです。

どうなったら?得点が奪えたらうまいの?相手のボールを取れたらうまいの?声を出せたら?指示出来たら?何がしたいか?は人それぞれポジションそれぞれ・・・ですよね。
だから最終的なやりたい事には個性が出て良いのです。

コーチが言ってるのはその個性を出せない時間帯にどう存在するか?の話。

サッカーは一人がボールをずっと長く持てるスポーツではありません。そうなってくるとボールを持っていない時間の存在感もうまさの一つに必ず入ります。
だからボールを持ったうまさ、ボールを持たないうまさ、をやっているという事でもないのです。

どんどんマニアックな思考になっていくのですが(笑)、結局【自己肯定感】みたいな部分。個を支える【柱】なんです。みんなはこの年齢12~15歳までに関わってきた人の評価やスケジュール、都合によって動いてきたから自分自身を自分自身の心で動かした事が年々減ってきているのです・・・。スポーツは試合になるとこの部分の差が大きくなってくるのが分かったのです。
今はうまく言葉で説明しきれませんが、結局【うまくなりたい】を自分なりの形、こだわり、最終形みたいなものをハッキリ作る事なんです。

一つのメニューをやった時。そのメニューの【流れに追われる子】は当然のように試合でも周りの声、雰囲気に追われる・・・(本人は気づかない部分)。

メニュー一つ一つの意味や狙いを考えてやっている子は試合でも【人と違う何か】が出来る。それが武器と呼べるものにもなる。
だから、集団に埋もれない、隠れない、逃げない、事から始めたいのです。

気がついた時には頭の中真っ白でプレーしてしまっている子にはここをたくさん伝えていく!君が主体となって動けていない事に何の意味もない事。たまたまグループで何かを成功させたとしても、自分の狙いがない、もしくはズレた子の成果は残らないのです。

試合で良い思いをしたいのならば!!!日常の自分を変えなさい!!それは見た目や技術ではなく【思考の部分】。ここから変わる。ファルコらしさの根っこはここ!!

毎年良いチームになる。必ずなる!!それはその思考が見えている自分がいるから。。。

絶対に良いチームにしていきます!!
2023/10/31のBlog
[ 22:56 ] [ 練習の様子 ]
今日で10月も終わりですね!

一年のサイクルが年々早く感じるのは年を取ったせいでしょうか・・・?!いや!毎日が楽しいと思えるからでしょう!!そんな自分は今日も多くの幸せな気持ちと共にグランドでがんばらせていただきました。
11月からという事ではありますが、この時期に2年生が一人加入してくれました!!

みんなが真っ直ぐな気持ちでがんばっているからこそ、こういうタイミングや繋がりが訪れる・・・。偶然のようできっと必然なんだと思います。これから一緒にファルコの歴史を作っていく事になりますが、自分のカラーをしっかりと出してチームの中でそのカラーが輝くようにしていきたいと思います。
3年生は大会が終わったのですが、11月の2週目まではしっかりと一緒に活動し、そこからは自由参加が多い時間にはなります。

でも、プロでもないみんなに【引退】なんて言葉は必要ありません!少しでもサッカーに多く関わり、高校でも続けるであろう準備をする上でもどんどん練習参加してほしいと思います。3年生は1,2年生にとって良いお手本なのでいつ参加してくれても後輩は喜ぶと思いますしね!
今日は大会が終わって一段落した事もあり、またコツコツ積み上げていく【土台作り】をやりました。

土台が小さい、脆い、弱い、ではどんな素晴らしい才能も上には積み上がっていきません。だから土台の大切さを伝えながら、どうやって大きくしていくか?も考えながらやっていこうと思います。
2年生は後半の時間、自分達で話をさせてほしいと嘆願してきたので了承し、寒い中なのに色々話をしていました。

何かが起きたからではなく、これからの為の話だったようです。細かい内容はみんなに聞いてはいませんが、自分達で動く事は大事だし、これからどのようにやっていくか?も人によって考え方は違ってくるだろうから、いっぱい対話をしてお互いの考えを埋め合わせ、共有してほしいと思います。

新しい仲間も加えてこれからがんばっていきましょうね!!
2023/10/29のBlog
[ 19:31 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日も爽やかな秋晴れの中、秋季大会の為に赤穂海浜公園へ堀金コーチと一緒に参加してきました!!

勝てば勝つ程に相手は強くなるのがトーナメント!!でも、チーム自体強くなっていくのもトーナメントの魅力です!学校行事も重なる中、試合を選び参加してくれたメンバーもいる中で3年生はみんなと出来る中学年代最後の試合を迎える事となりました。。。
今日から協会審判を派遣してくださったので、大会中でも久しぶりにアップからの時間を一緒に過ごせるメリットがあったので、朝も余裕を持って会場入りし、3年生には感謝の気持ちを、2年生には存在感を出す為のお願いを、1年生には今思っている一人一人の想いを、それぞれ聞く時間にしました。とても有意義な時間になったし、アップも選手が気負って試合をする事もないように心掛け、みんなの前向きな気持ちをそのまま出せるように意識をして試合へ送り出しました。
多くの保護者の方々も観戦してくださり、子供達の成長や戦う姿勢を間近で観てくださった事もうれしく思います。

この年代にとって保護者の方々への気持ちは照れや恥ずかしさが強くなっている中、うまく表現出来ない感謝の気持ちをプレーで証明する良い機会です。感動を与えられるようなみんなのプレーを真っ直ぐな気持ちでやる事が何より大切な事だと話もしたし、今日のみんなはまさしくそれを体現してくれるものでした。
結果を言えば敗戦でした・・・。

悔しい・・・のですが、そんな気持ちよりもこのチームの、この学年の、このメンバーのコーチが出来た事を何よりの誇りに思える幸せな時間でした。この選手達が与えてくれた勇気や感動はここで文字として書き起こす事など不可能なぐらいに素晴らしいものでした。

ファルコにしかないドラマがあり、革命があり、成長があり、その先に出た結果・・・。

みんな清々しく受け止めていました。試合後の保護者の方へ発した主将唯翔くんの挨拶には感動しました。誰にやらされたものではなく、用意された言葉じゃないありのままの気持ちと言葉は胸に刺さります。。。素晴らしい主将だからこそ出来たこのチームはお見事でした!
悲観要素は一つもなく、敗戦直後とは思えないチームの表情と雰囲気!!

これがファルコ最大の持ち味です。グチグチ言わない、ダラダラ引っ張らない。

悔しい???そんなの当たり前でしょ?!それよりも全力出し切れたかどうか?のほうが先だし、このメンバーの入学前を知っているコーチからしたら、こんな堂々と、素晴らしい試合を見せてくれるみんなの成長には感動しかありませんから!!悔しいよりも幸せ感が勝っているコーチと一緒にサッカーしてくれたみんなは幸せ勝利者です!!

苦しい顔して、勝利して、上の大会へ行って・・・も一つの形。

ただ、スポーツの価値はそれだけじゃないって事を教えてくれたのはみんなの素晴らしい心。本当にありがとう!!

対戦させてもらった長洲SCさんはブロック決勝もがんばってください!

応援してくださった保護者の方々には応援ももちろんですが、いつもサポートしてくださった時間も含めて心から感謝いたします!!ありがとうございました【深礼】
2023/10/28のBlog
[ 18:32 ] [ 試合結果 ]
今日は早朝からクラブ秋季大会の2回戦という事で赤穂海浜公園へ堀金コーチと帯同しました。

先週の勝利があったからこそ繋がったこの試合ですが、どの試合であろうと、どの日常であっても大切にするべき価値は同じである事をずっと言い続けてきました。それをしっかりと自覚するには時間が掛かります。実際、今の1,2年生には全く伝わりません。。。

でも、こういう本気の3年生の大会を間近で観ながら今の自分はどうなのか?どうなりたいのか?をイメージしていく為にも大切な経験になってきます。試合に出るのは最初の11名と試合の中で変化していくものに対応する数名、という形になってきます。
そこに入っていくには?大会本番でいくらがんばっても評価はしません。

大事なのはそれまでの過程であり、普段の練習だったり、普段の生活力だったりします。今日それが改めて痛感出来た試合でした。

勝敗の大きな分かれ目は【自信・切り替え・前向きさ】だと思います。口でいくら言っても出来ない、誤魔化せないこの3つ。それが体現出来た3年生とそこが足りない1,2年生。
今日は学校行事で正キーパーを欠いて試合をしなければならない中、今週の練習でしっかりとその準備をしてくれた土田くん、叶翔くんの両キーパー。

3回のトレーニングも一番元気に、前向きに、本気に、という部分を前面に押し出してやってくれていたこの二人が良い思いをどこかでしてくれるのは【必然】なんです。それはフィールドの選手も同じ。クヨクヨしたり、落ち込んだり、人のせいにしたり、本気で、向き合わなかったらそれだけの成果で終わるし、そこを真面目に取り組んだ子だけが必ず良い思いを経験出来るのです。
昨年末に一度試合をしてもらったFC川西さんが相手でした。能力の高い子を前に置いているチームで、守備陣もかなり苦戦させられた相手・・・。それでも一人でダメなら複数勝負するという事をテーマに今週もやってきたし、最後は仲間を信じてどこまでやれるか?でした。

良い試合の入りだったので、あまり危ないシーンを作られる事もなくチャンスのほうが多かった前半・・・。ただ追い風もあっただけに良い時間帯に得点が欲しかったのですが取れずに0-0で後半に。

後半の開始5分で連携不足から失点しマイナス思考がよぎる展開に・・・。それでも選手を信じたし、選手も仲間を信じてくれた事もあり、悲観的な時間帯はそこまで長く続かなかったしチャンスが何度かあったセットプレーを輝空くんが一発完璧なフリーキックを決めて同点。明らかに相手の士気が下がったのを感じた事もあり、そこからチームはさらに躍動し、何より一番後ろにいるキーパーの叶翔くんが【絶対取りきって勝つぞ!!】と何度も何度も前を鼓舞してくれた事もあり、ラスト10分を切った時間に昨日練習の半分を対話の時間に使った翔晟くんが決勝ゴールを決めて競り勝ちました。
たまたまに見える。次やっても勝てるなんて保証はどこにもない。

でも、今日この勝利を収めた事も決して偶然ではない。

彼等なりの苦労や悩みがあったし、乗り越えてきたし、戦ってきた。だからこその底力が出たと思うし、素晴らしい人間力を見せてもらった。

大会は上に行く程にチーム力が試されるけど、今日はまさしくそういう強さが見えた試合でした。こうして切磋琢磨出来る相手がいるという事もみんなにとっては成長の大きな材料です。

全ての出来事を真っ直ぐ受け止め、感謝し、前向きな行動をこれからも続けていきましょう!!


対戦してくださったFC川西さんありがとうございました【礼】

多くの応援をくださった保護者の皆さんもありがとうございました【礼】
2023/10/27のBlog
[ 22:47 ] [ エリート塾 ]
今日のナイター練習!!

明日が大会ではありますが、何も変わらずいつも通りにファルコらしくトレーニングの積み重ねをしました。

前半は一人の選手と話し込みましたが、その時間も上から全体を眺めていました・・・。
君達の目的って何だろう???

明確な子、何をしていいか分からない子、何も考えない子、という3種類に分かれます。

伸びる環境は必要だし、それは間違いなく関係します。

ただ、、、、ね。その環境の中には【親の意識】というものも間違いなく入っているという事なんです。
平気で【与えてもらいに行く】発想の子(その保護者の方)が多く、当然ですがそこに成果はほとんど残りませんよ。

本人の意欲もなしに成果なんて絶対にありえないし、行けば何とかしてもらえる、という所まではまだ理解出来ます。でもね、何も考えずに行きたい時だけ行かせる、なんてのは自由を通り越してワガママなんだと気づいてもらいたいですね。それはファルコに限らずスクールも同じなんです。伸びる子、伸びるのが遅い子、差は何ですか?って聞かれたら間違いなく、そういった保護者の価値観も入るという事です。
うまくなる為に利用してもらうのは構いません。

ですが、それ以前に【我が子がうまくなったらどうなのですか?】というビジョンまでお持ちですか?親として鼻が高くなる、という要素も含まれていませんか?自我が入った時点で子供の成長は間違いなく遅く、止まる事だってある事をどうか察していただきたい。

近年、このワガママが増え、それをワガママと自覚のない方が圧倒的に増えた。そして、並行し、クレームも増えた。どうしてでしょうか???間違いなく子供の感情以上に大人が乗っかるからなんです。
自分は現場で、真剣に子供と向き合い、接し、目を見て、心を見ます。

数十個の家庭まで観る事になるのですからうまくいかないのは当然ですが、自分の中の前提は【関わる全てに自分の持っている100で向き合う事】は常にあります。

子供の環境はそこに存在する大人で決まります。自分の欲が入った時から成長の道は歪み、己の好みへと導き、考えない子供を量産する事になるのです。

気付いた時から変わっていく、変えていく事、大人にはそれしか方法はないのです。一人でも多くの方にそれが伝われば・・・と願います。子供にとって大切な一生の中の時間なんです。試合も大会も、練習も、関係ないのです。

一人の人として・・・今日も存在感を出せたでしょうか???

終わってしまった時間ではなく、明日の時間を変えましょう!!