ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:7036件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2022/07/09のBlog
[ 15:22 ] [ 試合結果 ]
今日は朝からリーグ戦の最終戦が八千代グランドで行われました!!

昨夜からの雨と今日の天気も心配でしたが、どうにか降らずに終わったし終盤には晴れてきたりとみんなの日頃の行いの良さが天気にも反映されましたね!!

元気に朝からグランドの準備から開始。公式戦なので、いつも以上にしっかりとやるようにしてもらったのですが・・・自分も一緒に準備とアップを真剣にしていたら・・・???

ガサガサ~~~っとホームグランドにも関わらず、カラスに自分のパンを綺麗に持って行かれました(笑) しかも、ゴミだけ丁寧に落として・・・(笑) 最悪のスタートとなりました!!
ですが、子供達は試合をしっかりとこなしてくれました!

今日の相手は泉中学校さんでした。2度天気の悪さに流れてきたこの対戦なので今日も心配だったのですが、どうにか3度目の正直という事でようやく出来ました。参観日の学校もあったので全員で参加は出来なかったのですが、今は【俺が出たい!】と思ってくれる子が多く、少しではありますが層が厚くなった事は喜ばしい事です!

チーム内、自分との競争をちょっとずつしっかりと向き合えるようになっている事は大きな成長です!
試合はいつもと違うポジションの子もいましたが、試合前に役割はある程度伝えておきました。どこで何をするのか?という所を整えていた事もあって開始から良い出足でした。

早い時間にしっかりと先制点を決められた事もあって、そこからの流れを作るのは割とうまく出来ていたと思います。全体のバランスという意味ではちょっと前がかりになった所の裏が危ないという意識がありましたし、そこを突かれた失点をしてしまいましたが、それ以外は非常に高い強度でやれていました。こういう一つ一つの局面を見ても、普段の基準の違いというのはハッキリ出たとは思います。

【がんばる】の目的とその強度。日頃の積み重ねで決まる所です。
前半を大量リードで終えた事もあり、後半は多くの交代選手も出る事が出来ました。

そして、ついに今年度の最初の1年生ゴールを安吏くんが決めてくれました。公式戦に出て、そこで結果を出すというのは簡単ではありません。でも、この安吏くんは1年生でありながら、テスト休み期間も自分で判断し、練習に参加したり、その上でテストでも結果をきちんと残し、さらには毎回の練習の最後の最後まで残ってみんなの忘れ物をきちんとチェックしてくれます。みんなの忘れ物がない事に誇りを持ち、陰でもうチームを支えてくれている一人です。1年生でありながらコツコツと前向きにがんばる彼が今日の結果を残した事は何一つ不思議ではなく、日頃からの努力の結果と当たり前に言える事です。まぐれでも何でもなく、彼が日頃からがんばっているという証拠をしっかりと残してくれました!
そこから後半もゴールラッシュを見せてくれて、試合をしっかりと締めくくりました。

後半に関しては選手が交代しても失点を0にした事は守備陣を含めたみんなの守備意識の高さの成果です。

リーグ戦の後のサブ戦も1年生を中心に躍動し、自分達の基準を少しでも上げようと前向きにがんばろうとする姿勢はとても良かったと思います。きつく要求される部分もあるだろうけど、この基準を落とさない事で自分の人間として、男としての価値も磨かれるのです。

一日を通してみんなが戦うという気持ちをグランドの上で出してくれたのが良かったです!終了後の紅白戦でも、チーム内のライバルに負けない気持ちがしっかりと出ていて良いものが見れました。まだまだ暑い夏はこれからですが、今日のようながんばり、そして周りから見れば賑やかしのようなうるささも、自分は敢えてさせています。夏にはチームを元気にする存在が必要で、はしゃげるような強さを持たないとなかなか綺麗事では戦えません!

苦しくても、チームの為、自分の為に、己をしっかりと盛り上げられるようにがんばっていきましょう!!

対戦してくださった泉中学校さん、審判を引き受けてくださった三村先生、応援してくださった保護者の方々、ありがとうございました【礼】
2022/07/08のBlog
[ 22:37 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾の練習でした!!

夕方からの強い雨は時間が短かったけれど、一気にグランドは水で埋もれてしまったので・・・バタバタする時間になりましたが練習会場を変更し、保護者の方々のご理解と協力もあって室内での活動になりました。

今日のアップはチーム戦でした。何を考え、工夫し、意見をすりあわせていくのか?でしたが、まだまだ頭と身体が一致しない、チームとして一致しない、という部分が多く露呈されました。
今日は【目】の話をしました。

良くなっているかどうか?はコーチは目を観ていると・・・。目は口ほどにものを言う、ということわざがあるけれど、コーチとしてはそれ以上に【目だけは絶対に誤魔化せない】と思っています。

本気かどうか?!真剣かどうか?!こだわりはあるのか?!は全て目で決まります。動作をいくらがんばっても目が死んでいるような子に成長はありません。自分をそのまま素直に出すのが目です。この目の変化は心の変化で決まってきます。だからこそ、選手一人一人の目は大切にしていきたいと思います!
ファルコでの時間は【木の根っこの部分】だと言いました。

目にはなかなか見えないけれど、それがないと目立つ部分を支えられないという事。だから、人間、特に男という生き物はこの目に見えない部分の努力をしないといけないと思うのです。それなのに、目に見えるものばかりを磨いたり、見栄を張ったりする人が多いし、そういう外見だけの人間にはなってほしくはありません!

逆に言うと学校の勉強が少々出来なくても、心がしっかりとあれば十分だと思っています。人の心の痛みが分かるとか、相手の目で分かってあげられるような男に成長してほしいと思います。
そこからリフティング、ドリブルとやっていくのですが、今日はドリブルをうまくなる為にも守備の部分の考え方から変える話もしました。

守備側の気持ちが分かれば攻撃はしやすくなる。だから守備側の立場になって相手からボールを狙って奪えるという事は自分がボールを持った時にも抜ける術が増えるという事です。ドリブルをする、ボールを扱う事は大切ですが、それと同じく相手のボールを奪うという事もサッカーには同じぐらい大事だと認識してほしいと思います。

サッカーって攻撃と守備しかありませんからね!
最後は対人を入れながらもオフ・ザ・ボールの動きもやりました。

やはり現状のみんなはボールがない時のアイデアはほとんどないし、相手を崩すとか相手を脅かす意識よりも【パスを受ける事】が目的になっている事が多い。それは大事な事だけど、相手にすれば怖い選手ではない。

相手に嫌がられる上で仲間を助けられるようにならないと、助ける為に動いて自分が結局追い込まれたら意味がなくなる。こういう部分の意識を変えていけば各自のチームに対する役に立つ方法も増えると思います!!

ゆっくり自分に出来る事を増やしていきましょう!!
2022/07/07のBlog
[ 22:25 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習がありました!!

夜になってもなかなか気温が下がらない時期ですが、水分をしっかりと摂りながらがんばっていきたいと思います!

子供達はとても前向きに取り組んでくれているので、それだけ成果もしっかりと出てきています。この暑い時期を前向きに乗り越えられたら秋や冬に一気に開花していくので、そこまで地道に積み重ねていきたいと思います。今日も小学生が一緒に混ざってくれて積み重ねをしていきました。
最初は全体でリフティングからスタートし、ちょっと全体から小学生と中学生で分けました。

小学生には大悟くんがしっかりと教えてくれていたし、この違うカテゴリーとの関わりはお互いにとってもメリットがたくさんあるので大事にしてほしいと思います。

その間、中学生達にはドリブルと仲間の意識を両方意識したものを行ってもらいました。なかなか【個】からの応用になると一気に頭の中が硬くなってしまう子が多いのですが、ここは時間を掛けてほぐしながらやっていきたいと思います。
抜くという感覚は2通りあって、向かってくる相手を抜くパターンと、自分から仕掛けて抜くタイプ。これに関してはどちらかが得意だけでは通用しません!どちらも必要になってくるし、その為には両方常にチャレンジしていかないといけません。出来る事だけをずっとやっていても、磨く事は出来ても新たなスキルが身につく事はありません。

この年代で一つの事にこだわるにはちょっと早すぎるので、今はもうちょっと多様に色々やってほしいと思います。

そこからは対人と言うか全体の中での【オフ・ザ・ボールの動き】をテーマにやりました。
奇数だったので、一緒に入る事になりましたが、1年生と一緒にやるとまだまだプレッシャーとしては感じません!でも、これが2,3年生になると一気に変わってくるし、子供達の成長は目覚ましいものがあるので、自分も負けないように成長を続けていきたいと思っています。選手としてではなく、コーチとしてですが・・・!

ピッチの中の目線を持つと子供の気持ちも分かりやすい時があるので、今後もうまく活用しながら自分も選手目線になったりする時間を作っていきたいと思います。
最後は広いコートの中での4対4をやりました。

関わりや繋がりの成果が一番見やすい人数とも言われています。確かに良いプレーがいくつかあったし、そのプレーには関わる人数が複数であり、その複数の人数のイメージが一致していた事。

やっぱりチームスポーツの楽しみや醍醐味ってこういう所にあると思います。まずは練習で経験出来れば、それが試合の中でもちょっとずつ出せるようになると思うから、焦らずに積み上げていきましょう!

今日はゴールを決めるという意識を強く持って取り組んでもらうテーマでやりましたが、自分の中でしっかりとそれを残せた子、残せなかった子はやはりいたと思うので、毎回の練習で、それが一回でも残せるような自分の時間にしていきましょう!!
2022/07/05のBlog
[ 22:25 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習でした!!

天気がコロコロ変わるので室内練習となりましたが、大事な一日である事に変わりはありません!各自が成長する為の一日に関われる事に感謝をして今日もがんばりました。

練習前には進路面談を行いました。それぞれの大事な人生を過ごしていく上で、進路を本気で考える事はものすごく大切です!この時の考え方は【正解はどれか?】じゃなくて、自分が本気で決めた事が正解だと思う事です。自信を持って選んだのであればそれが正解なんです!!周りに流されず、自分の人生を思い切り生きましょうね!
小学生も多く参加をしてくれる火曜日は刺激がたくさんです!

ファルコの時間は自分達のチームでやっている事とはだいぶ違うと思います。ボールを触る、技術のトレーニングが多いであろう各チームのトレーニングとは違い、【そのボールを触るまでの大切な自分の身体】をトレーニングしていきますので。

筋トレなどとは違いますが、身体を【扱う】という事は出来そうでなかなか出来ません。それを意識して繰り返し、自然と身につけるイメージでやるようにしています。
今日は対人トレーニングは相手を背負った形からのスタートにしました。

自分は今、守備をもう一度見直しています。ファルコは足元の技術というよりも、守備をがんばるとか粘り強くやれる、という声を周りからいただく事も多く、一つの色だと思っています。ですが、気持ち的に弱いみんなは勝敗に頭が左右されてしまい、なかなか前向きなチャレンジが出来ません。

そういう思考を壊して、新たに構築していくようなイメージでやっています。考え方を【負けない!】ではなく【勝ちたい!】にする。【抜かれないようにする】ではなく【奪い取る】にする。こういう事の違いは一年間とか長い期間で見れば相当の変化があります。
小学生も今日の時間で、良い守備を成功させ自信を獲得しました。

考え方、取り組み方、それによってタイミングはそれぞれです。思い切ってアクションをすれば良くも悪くも記憶に残りやすいのです。でも、遠慮したり、恥ずかしがったりしていると・・・何も残りません。

前向きな思考と前向きな行動。これが重なれば自然と良い記憶として残っていくものです。成功か失敗かなんて小さな話です。何を目指してがんばったのか?がしっかりとしていれば成功であれ、失敗であれ大した問題にはなりません。
自信とは自分自身でしか得られない成長に不可欠な要素です。

成功経験が大きな材料ですが、失敗のリスクがある中での成功でないと意味がありません。そんな場面を自らの意思で、日常に作れていますか???って所です。

コーチは毎日それを作るようにしています。些細な事であっても、自分の意思でそれらを作るようにしていると、勝負の時に慌てなくなりました。日頃からの思考の工夫によって自分の一年後は大きく変化します。明日大きな変化を求めるから人は行動を続けられなくなるのです。最初から一年かかるような長いコツコツしたものだと考えてやっていくのが良いでしょうね!

みんながんばってくれているので、そのがんばりが花開くように自分も設定作りをがんばります!!
2022/07/03のBlog
[ 21:18 ] [ 練習の様子 ]
今日は朝からリーグ戦の予定でしたが、雨天により延期が決まったので室内トレーニングに切り替えました。

ちょっと時間が欲しかったので良いタイミングでもありました。子供達に伝えたい事があって、最初の1時間は長めにミーティングを行い、みんながやるべき事を共有していきました。とは言っても、みんなで一緒に、という事ではなく【各自で成長していく環境を作る】というような内容の話です。チームで一つに!!なんて綺麗事は分かりますが、それの為に結局一人一人の意思や特徴を無視して並列にしていく・・・って作業は大人の自己満足だと思うので、そうではなくこの年代にはきちんと各自尖った特徴を作り上げ、そこから磨いていくようなイメージで自分を作り上げてほしい話をしました。
そこからトレーニングでは技術の事と身体の事をやっていきました。

まだボールと一体感がないし、昨日の試合でも雑なプレーは多々あった。でも、それらは一概に技術がある、ないだけではなくやっぱりこの年代の大きなウエイトを占める課題は【メンタル】にあると思います。

それを【克服する】という事ではなく、【向き合う】事で大きく変わる事が分かってきました。子供と言えどプライドはあるし、男としてそれはみんな持っています。そこを無視して、じゃなくて排除をして、でもなくて大切にする【仕方】だと思います。ただ貫くだけでは周りからも頑固者と言われて終わりですが、周りを巻き込む空気を出せれば芯のある男と言われます。
後半は1対1の選手権をやりました!!

チーム内の順位をハッキリ決めてきました!でも、それを優劣をつける意味ではなくどんな負けず嫌いが現れるか?を確認したかったのです!

いますいます・・・強烈な負けず嫌いさん達が(笑)

特に2年生が濃い雰囲気でしたね!!でもね、1対1なんて誰も助けられないし、個々のこだわりはすごく大事だから良い雰囲気だったと思います。逆に、1,3年生がおとなしいぐらいでした。
でもね、良い雰囲気ってやっぱり言葉一つ一つで決まります。

負けず嫌いの空気はすごく大事だけど、出てくる言葉が相手にとって不快なものであれば、それはまだまだ半人前です。勝負に勝っても負けても、【またあの人とやりたい!】って思ってもらえるような選手になってほしいですね!

気持ちの良い勝者、敗者であってほしい。それが自分の心を磨けているかどうかだと思います。
各自が、ファルコのある時間だけに限らず、毎日、どんな場所でも、自分を良くする時間を必ず作ろう!という話をしました。

うまくなる事、強くなる事、目に見えるのはそういうものですが、そこに到達するまでには当然うまくいかない、弱い自分が出てくる事も多々あります。そういう時間も含めて良くなっていく、という事だからがんばってもうまくいかなかった時に【明日は、次は、良くなるまで諦めない!】って気持ちを持ってくれるだけで十分だと思います。

この年代で一番持ってほしい部分はそこです。技術はメンタルの先に必ず連鎖してついてきます。体力も同じです。自分という人間を大事にし、周りを大事にしていけばきっとなりたい自分になれます!それまで諦めないとか、前向きにがんばれるとか、そういう思考が大事になってきますよ!

まだまだ君達は人生の中の大切な成長期です!!身体だけじゃなく、心もしっかりと膨らませていきましょう!!
2022/07/02のBlog
[ 16:58 ] [ 試合結果 ]
今日も勢いの強い日差しの中、トレーニングマッチを組ませてもらって加美中学校さんにお世話になりました。

朝の時間でしたが、すでに気温も高くなり相当身体にはきつい時期です。でも、【だからこそ】強くもなる時期です!この時期は弱さが隠せない形で色々出てきます。そういうものとどうやって向き合っていけるか?自分達が目指すのは【堂々と戦える自分】になる事です。目の前の勝敗、一つのゴールがどうこうではなく、です。

試合という機会を作ってもらえた事にももっと感謝しなきゃいけませんね!
とは言え、物理的にテスト明けでなまっている身体に無理をさせる訳にもいかず・・・今週は正直我慢をしながらやろうとは思ってます。

怪我持ちだったメンバー達も復活してきている中でもあるし、無理をしてまた悪化させたくもありません!加美中のメンバーは自分がスクール時代関わらせてもらえた子もいて、そういう子とも話が出来た事もあり、やっぱり正直に言って【目指す形は全く違う】というのが分かりました。見下すとかそういう事ではなく、日々の過ごし方、考え方の部分です。

試合の合間に選手にも伝えた事ですが、【言われた事だけやる真面目に成り下がるな!】という事です。
部活動という場所への疑問はずっと昔からありますが、敵対するつもりもありません。

先生方も良かれと思ってやっている事なのでそれはそれで敬意を持っています。ただ、先生方も【もっと良くなろう】って努力はありますか???って所だけなんです!自分は出来ない、知らない、で終わらせるんですか?学ぶ努力って年齢関係なく出来ますよ。先生が知らないで割り切り、外部コーチという策を取り、その外部コーチは【招聘された形だからあぐらをかく】事になるのです。間違いなく【自分のほうがサッカーを知っている】というスタンスで関わるから常に【上から目線になる】という現実を大人が目を背けていませんか??

目先の中学校生活の、この年代の、この期間の、という限定的な対応をしようとするから子供が戸惑う形にもなるんですよね。合併問題が目の前にある中で、先のビジョンなく目先の対応ばかりに追われるから子供達が育たなくなるのは目に見えている。
誰だってそうです。

目先を整えようとすれば【補填】という考え方になり、それは根本的な解決ではないからいずれさらに大きな問題として出てくる。つまり【問題の先延ばし】なんです。

形だけ、人数だけ、格好だけを揃えようとするから【脇役】にされる、もしくはなってしまう子がめちゃくちゃ増えている事を認識されているのでしょうか?と多くの疑問を持つ日となりました。当たり前に出来ていると忘れてしまう【ありがたみ】の事。もっともっと大事に考えないといけない事が多々あると感じさせられました。
やはり目指すべき、戦うべきは【今日の自分自身】なんです。

3年生の中でも【自分のミスを認めてきちんと謝る事が出来るか出来ないか】の所の重要性は話をしました。チームの雰囲気を作れる人間とはそういう事が出来る子なんだという事も言いました。

責任を背負ってやる事が成長する事であり、男になっていくという事だと話もしました。まだ芯を持った目にはなっていません。がんばっているだけの目とは違います!この目がどこまで熱くなるのか?!それが楽しみなこのファルコの時間は目先の勝利や大会でベスト○○に入るとかそういうものとは違います。

毎日出来る努力であり、毎日やる価値だし、毎日という事自体の価値を高める事です。

もっともっと今全力で生きている事へのありがたみを感じながら過ごしましょうね!

対戦してくださった加美中学校さん、和田山ウィングスさん、ありがとうございました【礼】
2022/07/01のBlog
[ 23:28 ] [ エリート塾 ]
ようやくテスト休みが明け、梅雨も明けました(笑)

恐ろしく暑い今日の昼間は何と管理棟の外にある温度計で【39.2℃】を記録していました~~~。。。。暑いはずです!人間の体温でも異常な数値なのですからこの時期は運動をするのも考えないといけないぐらいですね!

ナイター練習ですからそこまでの暑さはありませんが、それでもかなりの暑さはあります。テスト明けのなまった身体を戻していく為にも今週はペースを上げずにしっかりと思い出すという形をしていきたいと思います。
明日は練習試合、明後日はリーグ戦があるので、今日は均等分けした4チームでゲームを行い、明日のメンバーの選考会!明日のゲームで、明後日のリーグ戦のメンバーを目指した選考会のイメージでやる話をしました。

怪我明けの子も含めて全員揃った~と思ったのですが、何とここにきて主将が体調を崩ししばらく離脱・・・。でも、リーグ戦の最終戦を主将抜きで戦う事も3年生にとって、チームにとっては大きなメリットがあると思っています!こういう時をピンチと考えるのではなく、誰かにとってのチャンスと考えていきます!
4チームメンバーを分けて自由にアップをしてもらいました。

ここで成長を伺えたのは、4チームがそれぞれのカラーと言うかアップも違うメニューをやっていた事。それぞれに大事にしたい部分があって、だからアップも違っていたのは良かったし、周りを観て、みんなと合わせるだけが良いという感覚から一歩抜け出してきた感じはあります。

試合は総当りをやりましたが、テスト明けですから時間も短くゲーム感覚を取り戻してもらう事を目的にやりました。
ゲームはコーチが思っていたよりも何倍も良い動きでした!!

若さなんでしょうかね?!ちょっと休んだぐらいなら落ちる事もないし、もっと言えば蒸し暑い時期の休息はかえって効果が大きかったのかも知れません!!各自良いパフォーマンスを発揮してくれていたし、良さはたくさん見えました。

1年生もここに来て、ちょっとずつ顔付きも、積極性も増えてきています。少年がゆっくりですが、大人に近づいていくような、そんな印象を受けました。
今日は金曜日だったのでエリート塾の小学生達も一緒に混ざってくれましたが、遠慮の姿勢はまだまだ強かったものの、それぞれがボールを持った時には特徴を出してくれるようにはなってきました!!

中学生のスピードや体力にもだいぶついてこれるようになっているので、これから以降はどんどんその差もなくなってきます!自分の持ち味を自分から出せるようになれば一番良いですね!

試合の後は、ちょっとだけ【5×5】のパワーの話とメニューをしました。明日のゲームではまたここをテーマにしていくつもりですが、人との関係性は特に暑い時期は大切にしていきましょう!!
2022/06/24のBlog
[ 23:20 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでファルコとエリート塾との合同練習会でした!!

今日、伝えた事として③ボール中心②身体中心①頭(イメージ、脳)中心という事。段階があります。みんなサッカーの練習=③ばかりをやってきます・・・。ここに来てから①と②の事を言われるからギャップがあるし戸惑います。

でも、試合の中で差が出てくるのは③ではなく、①や②なんです。そこを分かる大人がやはり少ないから目に見えて分かりやすい③ばかりのトレーニングになる。
うまくなっていく子の共通点は、闇雲にがんばるのではなく【自分の中のイメージと勝負している子】なんです。

他者と比べたり、比較しているうちは自分の成長は止まってしまいます。自分自身の成長を常に考えてプレーが出来る人間になってほしいと思うし、その大切さはいつも話をしていきます。

君が主役だよ、という言い方ではまだ足りなくて、【君という主役の中の脳みそが主役になるんだよ】みたいな事です。
だからファルコでは一見地味な身体の事を多く時間を割いてやりますが、その重要性は試合でも証明されているのです。

相手よりも近くに、早く、強く、という【一歩】が出るのは間違いなくこの成果なのです。ボールを触るという行為だけでは埋められない大きな価値があります。身体を動かす。思い通りに使える、というのは実はあまりいないんです。頭では分かっているけど・・・のほうが圧倒的に多いからこそ、ここの努力はしなければなりません!

成果としての実感は難しいけれど、確実に必要な事ですから根気よくやってほしいと思います。
やはり小学生は全体的に【与えられた事をこなす】という習性が身についてしまっています・・・。これは、【家・自チーム・学校】の3本柱で全てこの習慣が多いからです。

だから特に規制をかけない自由度の高いメニューをやればやる程にそこの差が大きく出ます。自らの頭、イメージで動ける子と【自由って言われても何をしていいのか分からない】という子。

これ、案外多いんですよ!関わる大人が現実味のある、目に見えた成果を【残させよう】とがんばるから子供達は言われた事しかやらないし、正解がある事しかしない。この習慣を持たせた大人の責任は大きく、とてつもなく重い事を知らないといけません。
大人が作品を完成させるのではなく、自らの作品を自分のイメージで完成させていく事。

それが【大人になっていく】という事にも繋がるはずです。この一番多感期な時にこそ、もっともっと頭の中にある感情を含めたものを使わないといけません。【良い子を演じている】事で満足しているのは周りの大人だけ。

自分自身の本当になりたい気持ちや心が納得するまでやりこめるような【好きな気持ち】がサッカーに対してありますかね???

まだみんなを観ていると軽いな~。。。って思います。頭では分かっているのになかなか出来ない~!!!みたいな悔しがるシーンが少なすぎますよね?成功か?ミスか?の判断しか出来ないならば努力なんてする必要ないんです。マグレ、偶然に身を任してやればいいじゃないですか、って話。

頭の中身がまだまだ幼いみんなだけど、明日からテスト休みに入りみんなの頭がまたサッカーをやりたい気持ちになれば良いと思うし、そう思わないのであればそれだけの成長しか出来ないって事でしょう。

環境はね、【あなたの意思の強さ】で決まるんですよ!!よ~~~~く覚えといてくださいね!!
2022/06/23のBlog
[ 21:59 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!

梅雨に入ったのですが、蒸し暑さはあっても梅雨のようなジメジメした雨というのはあまりないので実感はあまりありません。今日も外で思い切り出来た事は良かったし、選手達がかなり意識が変化してきているからこそもう一歩前に進めようと思っている所です。

常に各自にとって【ギリギリ】を探れば成長速度は格段に上がります。でも、そのギリギリを越えるとどうしても落ちてしまうという結果にもなるので、ここの探る駆け引きとかしっかりと観るようにしています。なかなかうまくはいきませんが、子供の為にずっと試行錯誤しながらやっていきたいと思います。
今日も一人小学生が参加してくれましたが、本当に一生懸命学ぼうとしています。

自分としてはこの場所に来た時に何かを変えるとかではなく、この子が自分のチームでのトレーニングや試合の時に考え方や取り組み方が変わったな~って思われたり、自分で実感出来るようになれば一番いいな、と思います。

やっぱりこの地域では自らが学ぼうとする姿勢は少ない子が多いだけに、このファルコでの時間が何かの刺激になれば、と思います。
さて、中学生のほうには細かく、厳しく、話もします。

最近試合が多くなっている中で、みんなは【試合の時だけ落ち込む】という事を平気でやります。。。その時必ず言うのが、【普段からの様子を見ればそんなん当たり前に起きた事なんだよ】という事です。

だから試合で悔しいとか悲しい思いをしたならば、この練習の時間にどれだけ真摯に向き合い、自分を変えられるか?の努力をしなければいけないと思います。
身体を扱う重要性や、足を動かせる意識などは目にはなかなか見えません。

親御さんや普段のトレーニングを見れない人には到底気付かないようなレベルです。でも、そこの改善をしてこそ、意味があるのです。逆に、親御さんでも分かるような部分の指摘など、コーチがわざわざする事はないのです。それこそ子供の逃げ場がない状態は一番心が不健康な状態なので、そうならないようにコーチはコーチとしてのアプローチをしっかりとしていきたいと思います。
最後のゲームでも一番重要な事は伝えました。

攻撃の選手にとっての責任とは???という事です。仲間が信頼してパスしてくれたならば、そのパスがミスになったとしても信頼された仲間が一番に奪い返しに行く姿勢を見せる事。その心の繋がりが今のファルコには必要なんだと伝えました。

ボールを繋ぐのは技術ですが、
人が繋がるのは技術ではなく、【信頼感】です。

ここに気付いて、人や人の想いを大切にする人になる事。それは毎日必要な努力するべき事の一つです。毎日もっともっと自分に大切なものと向き合おう!!
2022/06/21のBlog
[ 22:31 ] [ 練習の様子 ]
一週間の始まりは生憎の雨でした。

それでも活動が出来る事、週末の試合で感じた事をどのように向き合っていくのか?などを表現していく場所があるのはありがたい事です。

例のごとく、序盤は見守りました。今日は見守っている時間にも一人と対話をしていました。選手は中学生であり、子供ではありますが、自分の置かれている環境の中で毎日一生懸命に生きています。その一生懸命さを尊重しながらも子供達がやらないといけない事を考えてサポートしていきたいと思います。
大人だから悩む訳じゃないし、子供だって学校に行きたくない日だってあります・・・。

大人が思っているよりも考えているし、悩むし、想いを持っているし、がんばっている。

それを前提に話をしていきます。子供だから・・・と下に観るのではなく、毎日がんばっているという事を忘れずに対話をする。サッカーがうまくなっていく事よりも、一人の人間として良くなっていく事を常に考えながらやっていこうと思うし、だからこそ選手達が外でおかしな評価を受けたりする事は自分が評価されているのと同じです。選手の悩みや抱えている想いを理解出来ていない自分の未熟さだから、これからももっともっと一人一人の人生や時間を大切に考えていきたいと強く思いました。
今日も小学生達が参加をしてくれましたが、受け身でいると何も得られない事が火曜日が一番伝わると思います。

誰かに
何かを
与えられないと自らが動けない

という状況は上達する為には最大の敵だと思います。コーチはしっかりと見ています。君達が本当に自らの意思でサッカーをうまくなりたいと思っているのか?大人のエゴなのか?を。。。こういう所の差が自分だけで取り組むボールと向き合った時間の差として大きく出て来ています。
うまくなるのは簡単だ。

だって、それは【自らの意思で動いている】という事だけが必要だから。そんな単純な事ですら、環境が整えられたこの時代は余計に難しい事になっている。与えられないと出来ない、やらない。大人が可能性を決めてしまう。大人が出来る事まで決めてしまう。そういう時代になっている・・・。

ここから脱出出来るかどうか?!は自らの意思にかかっている。
またその重要さを理解した大人の関わりにかかわってくる。

【我が子をうまく(良く)させたい】

と思われるならば・・・どうか子離れをしてほしいと思います。関わる事は大切だが、期待も、ショックも、子供よりも大きい大人が近くにいると子供はそこに全ての感情が左右される事になる。良くなってほしいからこそ、自分が関わる距離を離さないと大切なものは見えないと思います。
コーチ(大人)としてやるべき事は、

必要な時に必要なものを与えられる事です。

各自にとってその必要なものは違います。それを理解し、本人にも理解させて与えていく事。

子供を一人の人間として尊重していく事で子供は自らに自信と責任を持つようになる。不安がったり、手を貸し過ぎるから子供は自信を持てないまま大きくなる。

もっともっと大人が子供を理解しないといけない時代だと思う。いつまでも情報が不足していた一昔の時の考え方では子供が育たないという事。大人も常にアップデートしていく必要がある。どんどん進む社会に子供よりも大人が取り残されないように・・・・

自分も気を付けて成長を続けたいと思います。