ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:7105件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2022/05/28のBlog
[ 00:29 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでエリート塾とファルコとの合同練習会がありました。

小学生の刺激を受けながら自身も成長していけるこの時間はとても大切です。中学生だからと言って特別でもないし、かと言って小学生だからってお客さんでもない。正直、小学生の意識はお客さんです。このお客さんとは【自らの意思で動かない事】です。

指示を待つ、誘われるのを待つ、言われるまで待つ。

この三拍子が揃ってしまうと、その時点で得るものはありません。物事の習得とは、自分の意思で考えて、自分で動く事を言います。その事がまずは原点であり、そこへ持っていくまでに時間が必要なのが現実です。
常に結果とだけ向き合う習慣があるから工夫もチャレンジもない。

常に成長していくという感覚を持てるようになると、全ての経験が発見に変わる。

ここからでしょうね、トレーニングを【面白い】と感じるのは・・・。

今日のトレーニングもサッカーにおいてものすごく大事な事をやりましたが、前向きなメンバーの前向きな姿勢は見えたものの、相変わらず【事なかれ主義メンバー】が大半になっている事がこの組織の一番の問題点。

それらを問題視しない事が問題点なのです。
王様になれ、と言ってるのではなく主人公になれ、という話。

自分が中心に物語が始まり動く。それが大事なのに、誰かのストーリーに乗っかり、そのまま惰性でそこに居続ける・・・。これが良くない。

自らが生み出したストーリーに仲間を乗っける。それが理想の形なのです。

日々の生活の中に刺激がほとんどない子ばかりのはずです。イキイキもワクワクもほとんどしていない毎日。それでは心は磨かれないし強くもなりません。緊張を含めた経験をもっと毎日体験していける環境を作ってほしいと思います。
上のカテゴリーと一緒にやっている小学生は緊張感も強く、当然参加している時間に意味が出てくる。

でも、反対の中学生はどうですか?緩んでいませんか?

小学生に【合わせる】という行為は優しさではありません。この場に来ている小学生達への敬意を持つならば合わせてもらうような形にしなければこの場は緩みます。最初の集合から緩みまくりだったし、その事も伝えました。

小学生を下に見ている時点で緩むし、人としての価値もなくなる。
いつも言ってる事だけど、向き合う対象は常に【理想の自分】なのです。

その頭がないまま必死(という名の頭真っ白状態)では成果はほとんど残りませんからね!

今の自分を良くしていく為に、理想の自分に近付く為に、そんな事を練習中に自分自身で確認しながらやっていけるといいね。優しくする、という事をもっと根底から考えてみましょう!!

土日の試合もがんばりましょうね!
2022/05/26のBlog
[ 22:02 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!

テスト休みなどがまだいる中で全員が揃ってはいませんが、前向きな小学生達も加えて一緒にトレーニングを行いました。

昼間にまた自分もコーチとしての勉強をしてきて日々のトレーニングをどのように行うべきか?を毎日模索しています。何が正しいとか、何が成功なのか?を気にしてしまうと余計に形式ばったものとなり、子供達を【飼い犬】のように手懐けて満足してしまうでしょう・・・。

でも、自分が目指す子供との距離感とか、コーチとしての考え方はそういうものではないので、しっかりと自分のやり方を確立させていきたいと思います。
脳を使う事が必ずあってから身体も使わせたい!その思考は今もずっとあるのですが、表現力は非常に増してきた実感があります。

子供達の頭の中って大人が思っている以上にユニークで、繊細で、オリジナリティがある。それをいかに引き出せるか?が本当に大事になってくる。

大人の関わり一つで数年後の子供の思考は大きく変わる。その場、その時にはなかなか分からないだろうけど、今やっているトレーニングの一つ一つも、今後のみんながサッカーをやり続けた時には色々成果として気付いていく事が多くなるものばかりです。
この時期、3年生は本当に身体の賢さが顕著に出ます。

怪我が少ない事もそうですが、とにかく【上手に使える】のです。逆に小学生達は頭の中で思った事が体現出来る子は本当に少ない。一番わかりやすい例で言うと、リフティングをやる時に誰だって落としたくない、永遠と続けたいといくら思ってもそういう現実にはなりませんよね?

でも、中学生で3年生にもなってくると永遠とまではもちろん言いませんがかなり扱えるようになる。その差は言うまでもなくトレーニングの回数ではなく、考え方と行動の質です。
本当に成果は子供と通してあちこちに見えるけど、それが正解ですか???なんて聞かれたら分かりません。

自分は常に子供にとって良いものを考えています。自分の立場や存在ではなく、子供がどういう風に関われば良くなっていくのか?を考えています。その目的の先に子供が良くなる未来が待っていると信じているし、その行動が合っているかどうか?など考えません。

自分がまずは自分を信じる事。
そこから子供を信じる事。

そうすれば描いた未来に確実に進んでいくと思っています。
【もっと自信を持ちなさい】

と言われて持てる人間はこの世にいません。自信とは自分でしか持つ事が出来ないからです。

もっと自信を持てるようにしてあげてください!とお願いをされたとしても、それは出来ません!と答えます(笑) 力があるとかないとかの次元ではなく、本人が持つしかないという事です。その為にも、一つ一つのトレーニングでの考え方や捉え方を変えています。その延長線上に自信というものがついてくると見えています。

個の成長とか他を巻き込む事。そのイメージを膨らませて今までとは違ったサッカーの楽しさ、面白さを見つけられるようにがんばりましょう!!
2022/05/20のBlog
[ 22:43 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

エリート塾との合同で行ないましたが、中学生のほうは学校でのコロナの影響もあって3年生の多くが参加出来ない状況になっています・・・。誰も悪くないこの状況の中を向き合っていくしかないので、こうなる前に日頃のありがたみを感じるような力が育ってくれるといいなと思います。

その為にはいくつかの辛い経験だって必要になってくるし、若いみんなにとっては全ての経験が後で大きな価値になってくる事が多い。だから、全てを無駄と思わずに、全ての経験を活かしていきましょう!
金曜日はどう動くべきか???を中学生は理解してくれている子が増えています。

小学生達への歩み寄り方もうまくなっているし、3年生の唯一の田先くんの行動はとても良い空気が漂っていた。何を教えたのか?どう教えたのか?は知らないけれど、受けた小学生が後から教えてもらった~~ってうれしそうに報告してくれる事を見ても、意味があったと思うし、そういう記憶に残る先輩になればいいですね!

田先くんは不器用な所があるけれど繊細な心の持ち主。それが他の3年生が不在の中で責任感も持ちながらきついオーラではなく、良い空気を出せるようになっているのはとても大きな成長だと思います。
2年生達はだいぶ各自の色を鮮明に出せるようになってきています!

と言うよりも各自が自分を理解していると思います。だからやる事が明確になってきているし、次のステップへ移行したいと思います。

それは【仲間を感じる】事です。今日のメニューもそこが最大のテーマでしたが、その感覚はまだまだ薄い・・・。自分の事で精一杯・・・言い換えればそうだからこそ不満や文句が生まれるという流れなんです。
人との繋がりによって自分の可能性が広がったり、見つかったりする。

人との繋がりがあるから幸せがあり、逆に悲しい事も起きる・・・。全てが絶対に自分にとって良い事ばかりではないけれど、確実に言えるのは幸せは自分一人では味わえないという事。最高の試合、最高の勝利というものには仲間がいるものだし、個人種目であってもそれまでに関わった方々の力が大きい。一人では絶対に【最高の幸せ】を手に入れる事は不可能なのです。

だからこそ、個人の力に加えて繋がる力が必要なのです。相手はどう思っているのか?どうすれば相手が助かるのか?そういうのも考えるべき時期に来ました。
勝敗よりも大切なものは自分の心をたくさん動かし、たくさん感じる経験だと思う。

そういうのが情報化によりどんどん薄くなってきているのは事実。行動する前から様々な情報を手に入れる事が出来るからわざわざチャレンジする前に色々な事が分かってしまうし、分かってからでないとやらない人が増えている。

失敗はその時は嫌だし、落ち込む事もあるだろうけど、それをしないで大きな人間になるなんて事は絶対にないのです。失敗をする勇気と、成功するまでやり続けられる気力と、両方を持てるようにがんばろう!!

未来は明るい!そう思った人間だけがどんどん幸せになれる!!がんばろう!!
2022/05/19のBlog
[ 21:49 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

ナイターとは思えないような日の長さになってきました。3年生が修学旅行を終えて帰ってきたので元気に姿を見せてくれました・・・が一人は体調を崩してしまったようなので無理をせずにまた全員が揃うのを楽しみにしています!

今日も小学生が参加をしてくれたので一緒に積み重ねを出来ました。小学生を観ていると、最初の頃のみんなと重なります・・・。
言われた事はやるけど、言われないとやらない。

この感覚の小学生がほとんどの地域。。。

【うまくなりたいです!】

という言葉は出ても、それも自分の本心なのかどうかすら分からないような状態・・・。本音を言える環境、本音を聞ける大人がいない事が要因だと思っています。そういう中で育つと、どうしても【見栄えを整える方法】ばかりが先行します。見た目、外見、格好、という所ばかりを整える。。。この感覚から変えないといけませんね!
リフティングの回数が100回になりました。

というのは【落とさないリフティングが上手になっただけ】であり、【サッカーが上手になったのではない】という事をまず理解してもらいたい。

この地域ではどうしてもリフティングの回数=サッカーが上手と評価されがちです。

でも、技術とサッカーのうまさは別物だし、そこを今中学生ですらよく理解出来ていない所なので、考えないといけない所。何も口出ししなかった最後のゲームで全てがよく出てきました。
サッカーをうまくなろうとする子、足先だけ、小手先だけの上手さを求めている子、豪快なプレーをしたがる子、流れに参加出来ない子、それぞれ。

その状況をまずは理解し、その上でどういう風になっていきたいか?なりたいか?を考えないといけない。最近のみんなの言葉掛け、試合中の声を聞いていると【相手に押し付ける声】がやっぱり多い気がする・・・。

相手に何かを求める前に、自分自身がもっと出来た事はないか?を考えてもらいたい。

その場面の正解は?を聞かれたら一つあるかも知れない。
でも、1秒後の場面はもう答えが違うというのがサッカーの面白さと奥深さ。

だから押し付けるとか、一つの正解に導く必要なんてないと思う。
それよりも、もっと自分自身の表現の仕方、仲間を通した表現の仕方、にこだわりを持ってほしい。

それが全てなんだと最近思う。

自分に出来る事があるとしても、仲間を通して発揮出来ないならば意味がないし、一人でやりたい事をやるだけでも限界なんてすぐにくる。仲間がいるからこそ成り立つスポーツなんだから、仲間との協力が不可欠になる。

自分は今誰と繋がっている???常にゲーム中考えてほしい。孤立、単独、そればっかりでは通用しない。

技術とサッカー、きちんと切り離して考えていきたいね!
2022/05/17のBlog
[ 23:14 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習でした!!

先週末から朝晩は冷え込みが激しく、今日もまた夜は肌寒さが残る中でした。

3年生は全員が無事に修学旅行へ出掛けたようです。コロナの影響もあったりして、少し心配していたのですが、無事に行けて何よりです。しっかりと楽しんで中学の中の大きなイベントを楽しんでほしいと思います。

そんな3年生を欠く中で、1,2年生と希望の小学生を加えたメンバーで一緒にがんばりました。
最近はアップで鬼ごっこを行っていますが、繰り返しやっている中での精度は高くなってきています。

【駆け引き】という言葉がありますが、これはお互いが意図や狙いを持っている状態でないと出来ません!その駆け引きがようやく出来るようになってきたのは、みんなの成長でもあると思います。色々考えながら練習をやる、という当たり前のようでなかなか出来ないみんなの頭がようやく動くようになってきたという感じです。

ここからがようやくスタートです!!
みんなの頭が止まらないように、というテーマを常に持っています。

昔は何かを考えるよりも【とにかく動け!】でした(笑) 動いて動いて、身体能力を高める事だけを考えているような感じでしたが、今はその逆で【考えてもいないのに動くな!】という形になります。

むやみに動いていく時代ではありません。社会に出ても同じです!行動に意味と自分なりの工夫が必要になってきます。言われた事だけをやるのが通用するような世の中ではありません。一人一人が自分というものをしっかりと持たないと潰される社会になっているのです。
つい二日前の日曜日(15日)は日本のプロサッカーである【Jリーグが始まった日】です。

自分が中学2年生というみんなと同じ頃に出来たJリーグも、もう30年になりました!!あっという間です。その30年間で自分の頭の中は随分と変わりました。サッカーというものの捉え方、考え方、子供との接し方、保護者の方々との距離感などなど、全てが変わりました。

日本のサッカーもどんどん変化していく中で、その時代を生きる子供達も刻一刻と変化しています。それに対して、ずっと頭の中が止まっている大人が関わってしまうと子供はは潰れていくんだと思います・・・・その大きな責任も背負ってがんばっていきたいと思います。
日々成長しましょう!!日々進化しましょう!!

そんな合言葉を持って、コツコツ意識を変えていく作業に余念はありません。目に見える変化など一瞬で消えます。目に見えないものをコツコツやっていく事で、変化や成長した事すら気付かないような状況を作ろうと思っています。

気がついた時に自分は成長していた、と思えるような子供達になります!目の前で戦っている子供達はすでに変化しています。どんどん前向きにやろうとしてくれています。だからこそ、自分も目標や意識を下げる事なくやっていきたいと思います。

弱い自分である事は構わないが、
ズルい自分にだけはなってほしくない


というのが自分の考え。まだまだ全ての子供には浸透しておりません。。。

焦らずにコツコツやっていきたいと思います!
2022/05/14のBlog
[ 18:46 ] [ 練習の様子 ]
今日はリーグ戦の予定でしたが、生憎の天気によりグランドが使えないという事で延期になりました。

予定を変更し、室内トレーニングに切り替えました。

最近は練習前の風景をあまり観ないようにしています。自分がいると【コーチが観ているから・・・】という事で何かをやらされてしまう子が出てしまうからです。特に室内は狭いので、その中で各自が自由に出来て、その上での各自の色が出るように邪魔をしないようにしようと心がけています。そうした所、今日は練習前からボールを頭に乗せて安定させる練習(遊びながら)をしていたので・・・こういう時間のほうが上達するんです!遊びながらうまくなる自主的な時間を大切にしてほしいと思います。
今日は練習前には昨日のトレーニングでも話をした【寄り添う】事ともう一つ【感性を磨くのがトレーニングで必要な事】だと話しました。

感性って個々それぞれのものだから教える事はかえって邪魔をします。各自なりの考え方、発想、閃き、そういうのは磨かれるものです。勝手に良くなるものではないし、教えられて良くなるものでもありません。各自の感覚を大事にしている中で必ず出てくる【個人の色】がチームの武器になっていきます。個々の中にある感性は日々の生活の中でも磨かれるので、色々やってほしいと話しました。
今はリフティングも【出来るだけ最低限の力で】やる練習をよくします。

無駄な力を抜く・・・。

これはなかなか出来ません!彼等は生まれ育ってから、ずっと【がんばれ!!】と言われ続けてきましたから。。。これがきっと【楽しめ!!】だったとしたら???今のような形ではないでしょうね!好きな事も、苦手な事も、同じようにがんばる事しかやってきていないみんなに力を抜くのは一番難しい事だと思います。でも、その力を入れる(全力)と抜く事の幅を広げる事で足りない身体能力などを十分に補えると思っています。
今週は室内トレーニングが多かったのですが、その事が功を奏したと思っています。

伝える場面が増え、話す場面が増え、考える場面が増えた。明らかにみんながボールに接する時の表情に違いが見える。考えながらやっているのと、何も考えずにやっているのとは全く違います。

その違いを感じながら、今という時期は考えて、ボールを触って。。。って頭が混乱したり、悩む子も必ずいますが、その成果は絶対に3年生になった頃に表れます。この差は確実に大きいと思うし、一年、一日の積み重ねの大切さは過ぎた時に実感するはずです。
随分頭が動いてきたと思います。

観れる場面、逆を突いたり、逆手に取ったり、今までのファルコではあまり見られなかった事が次々と起きるようになってきました。

この年代の独特の頭と身体の柔らかさを信じて、引き出す事が少しずつ出来ているからだと思います。信頼をするという事は裏切られても構わないという事。見返りを求めない事が信頼をする事の条件!

自分はこの選手達を今、100%信頼出来ている状態です。ここからようやく指導が始まると思っています。選手を信じた上で、信じてもらえたら自分の言葉がどんどん入っていきます。そうやって個々の良さや色が引き出せたら自分は一人前の指導者になれるんだと思います。今はまだまだ半人前だけど、毎日の時間を大切にしながら良くなっていきたいと思います!子供達に負けないように!!!
2022/05/13のBlog
[ 22:24 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

たくさん雨も降ったので室内練習となりました。昨日と同様に前半は身体を整える。後半は対人という予定にしていたのですが、流れの中で変更し後半は【各自の自由】にしました。

今日は一つの言葉を提示し、それについて考えてもらうようにしました。この地域に必要な【自分の頭で考える】という事を当たり前にしていきたい!今のこの地域の子はほとんどが当たり前にやっているつもりなのに、結局決定権は周りにあるというのが事実。自分で考えない、考えなくても成立してしまう環境を作った大人の責任です。
サッカーがうまくなる、という言葉一つとっても人それぞれ。

好きなチーム、好きな選手、好きなプレーがある事でそれぞれがバラバラだろうし、それは子供に限らず大人も同じ。だからチームがたくさんあり、カラーがたくさんある。

そんな一つの言葉を全員の共通語にするのは容易ではない。また、それを一つに無理にまとめようとする事も難しい。だから、それぞれの考え方をまずは大事にし、そこから摺り合わせていくようなイメージを持ってほしい。

自分の子供の時から、何かと言えば【多数決】で決める。【多い事が正義】となり、【少ない意見は対立派】みたいな思われ方をされる・・。そうじゃなく、元々みんな違うんだよ、という前提が大人にない限りはいつまで経ってもこの決め方は変わらないんだろうと思う。
今日はみんなに【寄り添う】という言葉を考えてもらった。

それぞれのイメージ、考え方を問うとやっぱりバラバラだったし、それで良いと思う。みんなが正解だし、みんなが正しい!まずはそのスタンス!!そこから自分なりの表現によってどれだけの多くの人を納得させられるか?をやってみる。

頭では分かっているんだけどな・・・で終わらない!行動で表現出来ないと分かったとは言えない。ここはこだわりたいし、こだわらせたい!!
途中、小学生にも、1年生にも、2年生にも、3年生にも、質問しながら思いを聞いた。

みんなしっかりと感性が育っている事を実感させられた。コーチは正解を聞きたいのじゃなくて、【みんなの思い】を聞きたい。何を感じ、何を考え、どうやりたくて、何が分からないのか・・・そういう全てを含めて一人の選手を作っているという事を理解してほしい。

恥ずかしいとか、分からないとか、そういう感情で自分の考えや思いを殺して全体に何となく合わせてしまうこの島国の考え方・・・。そんな一人一人が簡単に埋もれてしまうような環境では到底育つなんて事は起こらない。ここの常識から大人が変えていく必要がある。
プレーの成功や勝敗の行方ではなく、感じる力が何よりも大事!!

そこが鈍感になってしまうと、良い選手の限界はあっという間にくる。自らの感性だけが成長を止めない唯一の材料となる。安心したり、満足したり、人を見下したりする人間の成長などもうすでに止まっている。

みんなは未来の自分の為に今を生きる訳だから止まってるなんてもったいない!常に成長、常に前進!!そういう気持ちでこれからも大切な時間を、大切な仲間と過ごしていこう!

明日はリーグ戦はあるかどうかまだ分からないけど、試合があれば仲間やチームに寄り添ったプレーが観られる事を期待しています!!がんばりましょう!!
2022/05/12のBlog
[ 21:45 ] [ 練習の様子 ]
今日は雨模様だったので、室内トレーニングを行いました!!

室内の良さを活かしてやりたいと思うし、室内はホワイトボードを使ってミーティングしたり書きながら伝えられる利点があるのでそこはフルに活用していきたいと思います。

人間には3通りの覚える方法があり、【視覚派】【聴覚派】【身体派】があるという事です。だから、言葉だけで話しても聴覚派の子にか入りません。他の視覚派の子、身体派の子にはまた違うアプローチが必要になってくるので、そこもよく考えて接していきたいと思います。
今日はリフティングの前に身体全体をほぐしました。

その後に行ったリフティングで身体が軽く感じた子が多く、ストレッチの大切さや身体を使う大切さが分かった子も多かったのは良かったと思います。

子供達が学校や少年団で学んできたストレッチの多くは一箇所だけのストレッチが多く、同じ方向から同じ力をかけたものばかりです・・・。でも、実際に必要なのはそれだけでは補えないもので、今日やったように動かしながら行うストレッチも今後は各自でも取り入れてほしいと思います。
今日も一人小学生が参加してくれたので最初に話を聞きました。

色々聞いているとすごく参考になる答えが多く・・・リアルな小学生の思った感想というのはとても新鮮で大切な意見です!子供の、小学生の意見なんて・・・というような見下す大人では貴重な意見を聞き逃してしまいます。

本当にファルコにとっての大切な意見も多く、この小学生がどういう経緯で変化し、成長し、【もっとうまくなりたい!】と心から思えるようになったのか?を探っていくととても良いヒントがたくさん見つかりました!!
前半は、身体とボールコントロール、後半はガチ勝負を取り入れた対人プレーをやりました!

メリハリを持つ事で、【がんばり方】が変わってきたと思います。全てをがんばりなさい!とは言うのは簡単で求めるのも簡単。でも、それを本当に2時間のトレーニング全てを100%でやりなさい、は出来る子もいるだろうけど、大半は出来ない。出来る子には求めるけど、今は特に1年生などは【2時間の中でめちゃくちゃがんばった時間が作れた】という時間があればそれで良い。そこの時間を長くしていくかどうか?はこれからだから焦る必要もありません。子供は子供の中にある大切な【がんばるエネルギー】をうまく使ってほしい。
大人が勝手な期待や強引に奪って使わせるのではなく、自らの意思で使える環境・・・。

これは容易な事ではありません!子供との信頼関係があってこそ成り立つのでここは大事にしていきたいと思う。

この年代は心も身体も大きく変化していく時期です。その大きな変化といっても変化している最中というのはコツコツ小さな事の繰り返しなのです。【結果的に大きい】という言い方になります。だから、そのコツコツ小さなきっかけを毎回与え続ける事で、いつの間にか良くなっているという現実が待っています。

1年生達もたった一ヶ月で大きな変化をしています。中学校の部活動はようやく本入部したばかり。この一ヶ月の君達の努力と成長は大きな財産なんです。この変化、成長を止める事なく続けていけるように2,3年生の良い部分をどんどん真似してやっていきましょう!!
2022/05/10のBlog
[ 22:38 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

一週間の始まりの中で、一人一人の様子を相変わらず眺めさせてもらいました。火曜日は本当に本音が出やすい日なので、しっかりと観察していこうと思います。

先週観せてもらったサッカーノートには各自の思いがたくさん溢れていました。ただ、コーチが言い続けているのは【行動でしか人は評価されない】という事。脳で考え、口を使えるほとんどの人間はそれを利用し、【嘘】がつけます。

でも、行動には心が伴い反映されます。だからこそ、コーチはみんなが【何を思っているか?】ではなく【何を思って動いているか?】を見ています。
今日は大まかに鬼ごっこをベースにした形と対人の形にしました。

でも、テーマはわかりやすく共通で置いていたのでやっている、やっていないがハッキリと出てしまうものでした【それすらが狙いだったのですが・・・】。

でも、そういう中で【学校という枠の社会】に存在するみんなは本当に【みんなに馴染む】事が目的化されているような気がします。僕という人間、僕という色は求められていないし、和を乱すなんて言い方までされるような始末・・・。

でもね、スポーツは自分の色を出してこその遊びなんだと思います。
最初にも話をしました。

必要な付けるべき技術と、
自身を発揮する為の技術

の2種類があるという事。そして、その2種類のどちらも持っていないとゆくゆくはサッカーが楽しくなくなる事も伝えました。みんなは今を生きる為にサッカーをやっているのではなく、未来の自分をよくする為にサッカーをやっているんだという事も伝えました。

もっともっと今の時間を大切にしないといけないですね!
まだまだ自己表現、コミュニケーションの未熟さがたくさんあります。

最後のゲームは中を目で観ないで耳で観ていました。

すると、聞こえてくる【声・熱量】は決まった子ばかり。。。後の子はほぼ存在していません・・・。みんな【今日もがんばったよ】ってそれで報告出来るのかい???と最後に確認をしました。

一人一人が存在しているという意識を自分で持てない限り、こちらが何かを教える事は限界があるという事。詰め込む事は出来ても、【何かを残してあげられた】というものはないと思う。もっと自分がいるという自覚を持ってこのチームで、存在感を出してください!!

各自が持っている良さを出せば必ず出来ます!楽しみにしています!!
2022/05/06のBlog
[ 23:28 ] [ エリート塾 ]
今日は今年度最初のエリート塾の活動日でした!

小学生との関わりの機会はみんなにとってもすごく重要な時間です。この時期の1年生は【自分が一番下の学年】という意識でどうしても甘えてしまいます・・・。でも、ここに小学生が加わると一気にお兄ちゃんの意識が芽生えてくるのです。立場が人を作る、なんて言葉がありますが、それは1年生にとってとても大きな事だと思います。

小学生達も塾に通う感覚と実は同じなんです・・・。

こちらの意図とすれば、【もっとサッカーがやりたくて仕方がない!!】という子が参加してくれるようなイメージで立ち上げたのですが、中には【サッカーが下手だからうまくなりたい】の思考の子がいます。。。

勉強が出来ないから塾に行く、発想・・・。実に寂しい発想だと考えます。好きだから、もっとやりたいから行く場所であってほしいし、そうでないと本当の価値にはならないと思っています。だから、自分はこのエリート塾の場を利用されるのは良いけど、上手じゃない(と思っているのは実は親だけ)から上手くしてください、の場ではありません。

あくまでサッカーが好きだから【もっとやりたい!】思考の方が参加するべき場だと思っているので、それを踏まえた上での参加してくれるのは大歓迎なので、参加してくれたメンバーとはまた一年間一緒にがんばりたいと思います。
一緒にやる事で多くのメリットを感じます。

これはお互いに、です。小学生にしたら普段味わえない緊張感があるし、刺激がある。中学生にしても普段自分が出来る事を教える時にはどうすれば良いのか?などの解決策が見つかる。これは選手同士のコミュニケーションを取る上で非常に有効な事なので、こういう場面のきっかけを大事にしてほしい!

昨日の親子バレー大会も含め、サッカーに関係のないような事が実は君達にとってものすごく大切な事だという事を多々あります。
一人一人が成長する場として、みんなが一緒に活用してほしいと思います。

小学生と関わるみんなの空気も上手になってきたと思えるし、小学生達が伸び伸びやれる環境がベストだと思う。緊張をしたとしても、プレーは思い切って出来るような環境ならば必ず成長するので、その環境は整えてあげましょう!と話をしつつ、中学生自身もこの小学生達に学ぶべき点は多々あるから、お互いに刺激になれば最高ですね!

小学生の多くは体験参加もしてくれていた事もあり、中学生にもすっかり慣れてきています!自分達が思い切って出来る、という環境を各少年団でも同じように自分達が作れるようになるのがベストです。
緊張感もあったからきっと疲れたと思うけど、そういう中でやる機会も少ないだろうからプラスに受け止めてほしい。

中学生のメンバーも、今、前に行こうとしているのがよく分かります!自分で考え、自分で行動し、その行動こそが【君の本音】である事を理解してきたので、体験、経験を通して自分の肌で感じる事を大切にしてほいいです。

これから一年間、また一緒に学んでいきましょうね!!よろしくお願いします!!