ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6904件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2021/11/30のBlog
[ 22:54 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

長いテスト休みから復活してきた学校もありました!まだ全体が揃ってはいませんが、この寒い時期はコツコツと暖かい時期へ向けての準備をしたいと思っています。その為にも【考え方・身体の扱い方・ボールコントロール】を柱にしてやっていこうと思います。

体力や気力って好きな事を夢中にやっている中でついていくと思うし、逆にそれが根底にない状態でやっても付くよりもすり減るという感覚になるので繊細なこの年代の時期はしっかりと大切なものを付けていきたいと思います。
フリーでやってみよう!!という言葉に反応して行うみんなの【ありのまま】で現状が分かる訳です。

リフティングのフリーでは意識が高く、色々なものへの挑戦、各自のカラーがしっかりと出てきているにも関わらず、ドリブルに関しては・・・【自らの癖】に頼る部分がまだまだ強い・・・。癖が悪いとは言いませんが、癖に頼るとハマった相手にしか通用しないのです。様々な相手が存在していく中で、自身がいかに多様性を持っているか?が良い選手の条件だろうし、その為にももっとドリブルをやっている自分の感覚と言うか、その自分を客観視する目が必要なんだと思います。
小学生も多く参加してくれましたが、ここ数ヶ月で随分と意識が変わったと思います!

前向きな努力、前向きな考え方が出来るようになった事が一番だと思います!それによってこれまでのうまく出来なかった時との【視点】が変わりました。目の付け所と言いますか、何を観て、何に気付くか?の部分が大きく変わってきたと思います。

その小学生の変化に負けるとも劣らない中学生達の変化も目を見張るものがあります。一緒にがんばってくれた3年生は異質な学年だったし、本当にサッカーに関してこれまでのファルコではないうまさがありました。そんな3年生の影響をたくさん受けた1,2年生は良い伸びを見せてくれています!
身体の使い方やボールの置き所など、ちょっと変われば大きく変わる。

その事に少しずつでも気付いている事は大きいし、みんなが毎回の練習で何かに気付き始めてきたと思う。こういう変化の積み重ねこそが大事だし、成功や失敗で評価するものではない。自分で分かった、自分で気付いた、という感覚こそが大きな財産になっていく!

ちょっとした意識の差なんです。

その意識の差を継続させた習慣の差なんです。

逆に言えばみんなが良い選手と評価してもらう為のちょっとの部分は自分の意識で変えられるのです。雲の上の存在ではなく、自分自身の今をちょっと動かす勇気と、継続させる根気があれば良い選手の仲間入りです!
解決してくれるのは時間ではなく【君自身の意識】ですからね!

がんばりたい!と心から思えた君達をサポート出来る事が一番の幸せなんだと思う。

コーチの思い通りになんかならなくても良いから、どうか自分の気持ちには素直になってほしい!なりたい形、なりたい選手、それを追い求めて自分の毎日がちょっとでもそこに近付く為の何かを継続してやれたなら・・・・・

どうなるでしょうね!!楽しみにしています♪
2021/11/27のBlog
[ 14:00 ] [ 練習の様子 ]
今日は午前中のトレーニング!

テスト終わり、テストを控えている、状態は違うけれどそれぞれの立場で今日もジックリ向き合っていきました。

積み重ねるという言葉はたまたまとか偶然ではないし、意図があって、目的があってこそ出来る事です。そういう事に対しての意識が弱いみんなに些細な事であれ意識的に行う事を今はやりたいと思っています。
人数が少なかった事もありますが、テスト明けのメンバーが多かったし今一度考えてほしい事があったので、最初はサッカーテニスをして遊びました♪

このメンバー達に大きなテーマとして言える事は【きちんと遊んだ事があまりない】という印象を変えたいのです。規制が多く、その中で遊んでも限界があります・・・。もちろん親として、大人として無茶はさせたくないし、様々な条件を付けてしまう事は当然なのですが、本来の遊びとは何もない状態の中から生み出す事だと思っています。その【何もない状態】では遊べないのが最近の子供達です。
遊びだからこそ心が動き、心が育つのです。

それを真剣にやってきた経験を持っている子とそうでない子との差は本当に大きいと思う!思い切り遊んだ人間は【思い切りがんばる事も出来る人間】なのです。限り、区切り、が好きな日本人はそういう限度の中で何かをやりきる習性があります。

でも、自分が目指しているのはそういう枠を越えた自然なまんまでやりきれる力です!誰もが持っているのにも関わらず、環境によって閉鎖されてしまっている部分だから【付ける】能力ではなく【引き出す・思い起こす】能力だと思っています。
ちょっとの意識で変わってきました!

本当に【ちょっと】なんです。頭の中で少し【足を速く動かそう】と思えば行動は変わります!その変化はちょっとであっても、その変化こそが【積み重ね】と言います。

毎日この【ちょっとの変化を積み重ねる】意識があれば一年で劇的に変わるのは分かりますよね?【がんばる】という言葉では365日行うのは不可能かも知れないけれど、積み重ねる事は出来る事です。だからこそみんなやっていきたいのです!
うまくなりたい!というの言葉がどうか言葉だけで終わらないように、毎日コツコツ変化させていきましょう!

その先の未来が大きくなっていくかどうか?自分次第です!

今日だけでも変化はたくさん見えました。意識をして、身体を動かす。みんなどんどんうまくなっているのがわかります!この調子で成長していけるようにがんばりましょう!!
[ 06:14 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでのエリート塾とファルコの合同練習会でした!

昼間はまだ過ごしやすい暖かさでしたが、夜はやはりかなり冷え込むし、体調管理が難しい時期でもあるのでこういう時こそ睡眠・食事・運動のバランスを整えてほしいと思います。

中学生はまだテスト休みの所もあったのでいつもの半分ぐらいの参加となりましたが、一人一人の考え方、生き方みたいな部分もやはり差を感じるし、それも含めて未熟な時期なんだと受け止めようと思います。
この年代に大切なのは【完成される事は絶対にない】という前提だと思います。

それがないと余裕を持って関わる事は出来ないという事です。どうしても大人が躍起立って教えたくなり、教えたからには成功、完成させようとしてしまう所が出てしまいがちですが・・・そうではなく、未完成であってもそれがきっかけになって色々な物事の捉え方や受け止め方が変わるという事が起きるので焦らずに関わっていこうと思います。

実際に選手の多くは変化が出てきているし、それは日頃のみんなが変わったんだと思います。
この年代の子供達は色々な意味で習慣が付きやすい。

それはもちろん良い意味でも悪い意味でも、です。だから良い習慣のほうが身に付いてしまえば変化はあっという間なのです。ボールの触る基準、身体を置く位置の基準、そういったものがちょっとずつではありますが、この地域の子でもやっと変化が見られるのです。ずっとずっとここ20年間、、、もっと言えば自分が小学生の頃から教えてもらった習慣ってその教える人が持っていた習慣だけだったのでみんなが同じ形を無理の教えられていた印象でした。もちろん当時はそういう知識がなかった事もあるし、情熱だけで指導というものが成り立っている時代だったからというのもある。
そこから自分なりに自分のサッカー観を捨てて、多くを学ぶ事にした。そこから出てきた【正しさの共通点・もしくは失敗の共通点】を見つける事が出来て修正や改善を行う事が出来てきた。

ただ、近年は便利と並行して【諦め癖】みたいなものが根強くなってきている印象もあり、自分達の時のような【絵に書いたサッカー馬鹿】みたいな子は本当にいなくなったと思う。様々な事に【バランス】が重視され、特徴が減り、個性が減り、強引さが減り・・・ミスが減った、というような印象がある。

これって育成において【成功】って呼ぶのかな~?と思う所があるけれど、各自の中の芯とかブレない何かが育てば良いのかな、と思います。
うまくなるという事がどういう事か?をようやく真剣に考える子が増えた。

方向性がズレたとしても、真っ直ぐに考える、真剣に考える事に意味が出てくる。

頭の中に変化が大きく見られる今、各自ボールを触る時間にもきっと変化が出ていると思う。その各自の時間に変化が出てこそ、こちらとしては【指導の成果】と呼べる気がする。

良い習慣が日常に加わってこそ本物。一瞬練習の時だけ意識しても継続しなかったら同じ。その時に変わるものなんて、すぐに失うものでもある。

大事なものは簡単には忘れたりしないだろうし、そうであってほしい。サッカーに限らず、だ。

まだまだ良くなれるって事を忘れないでがんばっていきましょう!!
2021/11/21のBlog
[ 00:09 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は姫路で、久しぶりとなるパシエンシア姫路さんとの交流をさせていただきました!

結構久しぶりになりました・・・。コロナを挟み、日程がなかなか合わなかった事もあって久しぶりの交流となりました。代表をされている上月さんとは交流を通して考え方や人間性でとても合う部分が多く、今回は交流という事で試合はもちろんやるのですが、以前も交流練習会を入れてもらっていたし、今回もそれをお願いしました。

それを快く受けてくださり、前回の時は自由時間を選手同士で自由に過ごしてもらったのですが、今回は普段のパシエンシアさんがトレーニングされている事を一緒に混ざってやるという形でさせてもらいました。
芝生の良い環境で出来た事で選手の楽しさも倍増していたように思えます。

アップの時間から上月さんと育成について話をしていて、選手でしっかりとアップをやってくれました。行動力は上がってきていると思うし、遠くから、話をしながら観ていましたが、やっている事にも意味や意図を感じられるようになってきたのは大きな成長です!

まずは1試合を行いました。この時には個々のがんばりや能力は出ていたのですが、各自が単発で繋がっていない事を課題として挙げました。すぐには出来なくてもやらないといけない事だし、一つの良いプレーはサッカーにおいてピンチを防ぎ、チャンスを生むという意味で【2点分の価値がある】事を話しました。
試合で出た色々な課題はあるのですが、そこから1時間程度一緒にトレーニングをさせてもらい、テーマは【1対1】でした。自分もそこは希望した事もありました。繋がりを大切にしたいけれど、それよりも選手自身が今、興味を強く持っている部分でもあるからです。そこに違うチームからの刺激をもらえば何か変わるきっかけになる子も出ると思っていたからです。

各自の良さって大体【外で磨かれる】と思っています。うちではベース作りをやって、花開くのは大体は外なんです。外の、新鮮な人の目、考えによって開かれる事が多いだけに今日の交流には大きな意味があったのです。
案の定、選手達の空気はとても良くなったし、交流前と後では全然変わりました。

身体的には疲労感が出ましたが、精神的な部分や考え方などは全然変わったし、大きな刺激をもらえたのがよく分かりました。また1,2年生は真面目な子が多く、交流はどちらかと言うと苦手な子のほうが多かったと思うけど、その中でうまくイジられたり、相手をイジったりする子もいたし、空気に入り込む努力も多々見えた。

もちろんそれはパシエンシアさんの空気が良い事が大前提!!我々だけで生み出せる力はまだないので、相手の力を借りる必要性がありますがパシエンシアさんはとても一人一人がしっかりとしている事もあり、うちの個性や良さを存分に引き出してくれる大きな引き出しを持っていました!!これは是非とも見習いたいと思います。
終わる頃にはもう真っ暗になっていましたが、非常に有意義な時間でした!

選手の表情にはやはり疲労感よりも、達成感みたいなもののほうが強かったし、だからこそ終わりのミーティングはしませんでした。こちらが余計な事を言ってしまうとせっかく各自なりに得たものが混乱してしまう事もあるだろうから、今日は各自の中で得たものを整理してほしいと思いました。

何を得られたか?それが正しいかどうか?は分かりません。でも、そう思えたとしたら今日は成功だし、意味がある。正解かどうか?なんて先じゃないと分からないし、やってみないと分からない。そういう意味でも今日の交流はみんなにとっても、ファルコにとっても大きなものだと言える。

また色々なチームから多くの良さを学び成長していきましょう!!

対戦のみならず、トレーニングまでしてくださったパシエンシア姫路さん、本当にありがとうございました【礼】
2021/11/20のBlog
[ 07:45 ] [ エリート塾 ]
昨日はナイターでファルコとエリート塾との合同練習でした!

夜はグッと気温が下がってきた事もありますが、みんなの装いもようやく寒さ対策が出来るようになってきました(笑) 田舎者の強みと言いますか、夜になっても半袖、半パンでやってしまう子が多く、プレー中は構わないのですが風邪をひくのはその【動く前・動いた後】ですからね!対策は変わらずにやっていきましょう!

練習前の風景もようやく変化が出てきました!ボールと遊べる子が増えたし、ボールを離す練習よりも扱う練習が増えたのは良い変化だと思います!
練習はこの日も前半はしっかりとボールを触り、後半は対人プレーの中でそれらを意識したり、発揮出来るか?という事を意識してやってもらいました。

前半のボールタッチはまだまだ【上半身を使って遊べていない】という強い印象。みんなあしだけでボールを蹴っているし、そういう練習しかしていないんだと思います。それを習慣と言うし、それが身体で表現されている。だからプレーをする際に硬い子が多く、それらがボールを失うミスをする要因の一つになっている事を分かるといいですね!
誰だって試合をすれば余裕が欲しいと思う。

だけど、その余裕を作り出す事に意識が向かない。子供達の多くは【うまくなれば余裕が出来ると信じ込んでいる】のです。

でも、そうではなく余裕は【観れる事】で決まります。どこまで見えるか?何が見えるか?そして、自分自身に選択肢がいくつあるか?ですね!
後半はドリブル中心、対人中心でやりました。

ドリブルも【普通の状態】が上達したかどうか?が分かる部分ですが、その普通の状態がまだまだお粗末に見えます。

ボールを運ぶ目的の子が多く、扱うにはなっていないという事。運ぶのが目的の子は周りからの何かが起きた時に簡単に失います・・・。でも扱うレベルの子は何かが起きた時に対応出来るのです。まずはそこを目指したいですね!
最後の対人ではみんな気持ちがとても入っていたし、勝負事という観点からは非常に良かったと思います。

ただし、その勝負の中にも【こだわりはありましたか?】という部分ですね!勝ったから良かった、負けたから嫌だった、だけでは何も変わりません。勝とうが負けようが、【こういうのが試せた・こういうのが残った】という事があれば良いのです。

急ぐ事なく、コツコツ積み重ねていきましょうね!
2021/11/18のBlog
[ 22:27 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!

やろうとする事は決めていました。

でも、それは出来ませんでした。
練習前からずっと一人の選手と対話をしました。

対話は簡単に出来る子もいれば時間の掛かる子もいます。

大事なのは、こちらが先に慌てない事、急かさない事、です。

子供は未熟だし、分からない事に対して諦めたり、逃げたりする事もあるでしょうが、それも含めて丸ごと受け止める覚悟が必要だと思っています。誘導しない、押し付けない。

対等に対話をするというのは大人になってからいかに難しい事か?が分かりました。ましてやコーチという肩書きが付けば尚更です。でも、自分は子供と対等の付き合いが出来る大人を目指しています。
何に悩んでいるのか?を探り、どう向かうべきか?を一緒に考える事。それが役目だと思います。

チームの練習は大切ですが、チームというのはそもそもこうした一人一人の集まりの中で成り立っているものです。在籍する一人一人が価値と意味を持って活動出来る事が本当のチームだと思います。習い事の一貫だと安く見られる事もあります。あんたに何が分かるの?と思われる事だって多々あります。実際、何も分かってあげられていません!

でも、分かりたいし、分かろうとする努力は出来ます。分かったフリして何かを与えるよりも、本心を引き出して向かう方法や道筋を探す事。それが自分のコーチとしての大きな役割だと思っています。この地域だからこそやるべき事!考えてやっていこうと思います。
悩むという事は決して悪い事ではありません。

悩む人間は強くなるし、人の痛みが分かる人間になります。

この大切な年代に、【大切な経験】という中に、どうかこの【悩む時間】を持たせてほしいと思うのです。親心としてはどうしても悩む我が子を見ると助けたくなるだろうし、助けてしまう事で親としての価値観を感じてしまう人もいるでしょう・・・。でも、本当の意味での助けとは、悩ませた経験を越えさせた後に伝える言葉で決まるような気がします。

大人が大人であるべき姿、立ち位置、これからもしっかりと考えていきたいと思います!
2021/11/16のBlog
[ 22:37 ] [ 練習の様子 ]
今日はナイター練習!!

日曜日の試合で出た課題を各自意識出来たでしょうか???

試合と練習を繋げられてこそ成果と言えます。その日その日と区切ってしまう頭では新しい事が染み込む事はありません。繋ぐ、繋げる、という言葉はチーム全体としてもキーワードとなっていますが、この意味を考えてやってくれている子は正直少ないと思います・・・。

と言うか、社会全体がそういう空気とも言えます。大人になってからも自分の事しか考えていない、自分都合の人がめちゃくちゃ増えていると思うし、子供がそうなっていくのも仕方がないでしょうね。でも、サッカーをやっている以上は変えていかないとうまくいかないし、やるしかありません!
まだまだ頭と身体を同時に使えていなし、不器用だらけ!!!

これがファルコです!!!(笑)と胸が張れるぐらいに不器用です!もちろん人間的にはかわいい子ばかりだし、大好きなのですが戦える集団かどうか?の目線で言うとやっぱり弱いと思います。

ただ、弱いから悪い、じゃなくこの状態からどこまで成長出来るか?の戦いを日々している訳で、その成長ぶりがあるから楽しいのです。悲観的になったり、他のチームと比べるなんて馬鹿らしい事をせずに、自分のチームの、一人一人の選手が一枚一枚の壁を壊していく時間を大切にしたいと思います。
その為にも自分自身の状態をなるべく正確に、細かく把握する必要があります。

自分で理解している部分を受け入れるのは難しい事ではありません!仮に足が遅いと自覚している自分が他人に、【もっと速くなるといいね!】みたいに言われても分かっている事だから腹が立つ事も、ストレスも少なくなる・・・。でも、思ってもいない事を言われたらストレスだし、改善がより難しくなるものです。

自分で自分を理解し、その上で周りからどう観られているか?の目も大事にしていけば課題への取り組みはスムーズになると思います。
後半は対人練習の中で、身体や技術云々よりも【考え方】が止まってしまっている子が気になる・・・。

どうしても【勝敗】を急ぐ子が多く、目指すべき事、求めているものからズレてしまう子が出るのです。みんなを同じようにさせたいとかじゃなく、【枠組み】はあって、その枠組みからも出た自由はもはや自由とは言わないのです。

この違いを大人がまず理解しないとどんな組織も簡単に潰れてしまう事を自分は知っています。
勝つ事は大切だけど、勝つ為に何をしたか?何を残せたか?のほうがもっともっと大切!

何かを学び、何かを残せた日々をより多く過ごせた子が勝利なのです。

その為に勝つとか負けるとか、悔しいとか嬉しいとかの感情があるのであって、努力も、考えもしないで、結果だけで感情を支配されているうちは組織の成長はないと思います。

チームがチームとして動く為に・・・一人一人の【在り方】からもっと考えないといけませんね!
2021/11/14のBlog
[ 19:09 ] [ 試合結果 ]
今日は朝から広畑東グランドにて津田さんに交流試合をしていただきました!

毎年の事ですが、11月に入り、新チームになった最初のこの段階でまずは津田さんにいつもお願いをしています。ファルコ立ち上げ当初の最初のトレーニングマッチも津田さんだったのです!うちがずっとやってこれたお手本にしたチームの一つ。

津田さんはいつもグランドの管理も含めて非常に温かいチームだと個人的に感じていてこの広畑東グランドも様々な表情を見せてくれていますが、その全てが津田さんの惜しみない努力の賜物であると毎回感心をするばかりです。芝生慣れしてきたチームにはありがたみを感じるのは難しいかも知れませんが、このグランドの管理がどれだけ大変で、どれだけすごい事か?!をもっとみんなが知るべきだと思っています。
そんなグランドをうちは【第二のホームグランド】と呼んでいます!

このグランドで今日は3チームと交流させていただきました。ルゼルさん、飾磨東中学校さん、津田さんとの3チーム。それぞれのカラーがしっかりあって、色々な選手も観させてもらった上でも我々がしなければ、目指さなければいけないものが明確にまた見えた一日でした。

試合は変則的に25分をどんどん回す形でしたが、みんな自分の与えられた機会を大切にプレーをしてくれたと思います。小学生も参加をしてくれましたがそれぞれの良さがしっかりと出せていたし、得点にも絡んでくれていました!
中学生のほうは2年生を中心に1年生を引っ張ってくれていたし、相手チームにも評価していただいた2年生の存在感は際立っていたし、これは3年生の残してくれた大きな財産だと思います。

2年生は真面目ですが、気の弱い子が多く・・・正直3年生のプレッシャーに少なからず負けた時期も各自にあったと思う。でも、それを自分のタイミングで乗り越え、力に変えたからこそ今がある。自信を持って堂々とプレーする姿は3年生のおかげだと思う。良い3年生がいてこそ2年生が育ち、その2年生のおかげで次の1年生が育つ・・・。これこそが【伝統】というものだと思う。走力とか、きつい練習とか、つまらない上下関係とか・・・そんなどうでも良いものを伝統と言う話もよく耳にしますが、自分はそうではないと思っています。
試合は今練習でずっと意識している事をテーマにやってもらいましたが、やはり【試合】という事で意識が高ぶってしまい出来なかった子、プレッシャーで出来なかった子、理由は違えど出来なかった子が最初のゲームでは半分ぐらい。

でも、課題を露呈し、振り返り、2本目以降に修正し、出来るようになった子が全員だったし、今日は一回でも自分の意思で成功させてくれた事で十分だったので良い成果として残ったと思います。

プレーの成功、失敗ではなくテーマへの意識とチャレンジ。そこの収穫はありました!
ですが、やっぱりみんなの中に染み付いている【自分の知っているサッカー】がやっぱり根強く、視野を広げたいのに、わざわざ狭くなるほうへ動いたりスピードをむやみに上げたりする傾向はたくさん見える・・・。

という課題はいっぱい見えたので、今後の修正点にしていきたい。課題が見える事こそが成果。何をやるべきか?どうしていけば良いか?が分かれば各自の努力も明確になっていく。個々で違っている課題ですが、個々で向き合っていくという努力は同じ。

どれだけの時間と気持ちを費やせるか??今日がスタートだけど、ここから差は開いてくるよ!自分だけの努力、自分だけの武器を楽しみにしています!

新チームのスタートに今年も快く迎えてくださった津田さん、本当にありがとうございました【礼】
2021/11/13のBlog
[ 00:21 ] [ エリート塾 ]
随分と寒くなったナイターでしたが、ファルコとエリート塾との合同練習でした!

本当に冷え込んできたし、みんな素手の子が多かったですがこの時期は怪我の予防にもなるし、もうちょっと手袋ぐらいの防寒対策はしてほしいと感じます。手が力が入らないと身体全体が動きが悪くなる事をご存知ないようですが・・・個人のパフォーマンスの意味でも対策はしてくださいね!

金曜日は3年生も参加をしてくれるのでグランドはとても活気がありました。
小学生も最近になってようやく頭の中に変化が見えてきました。

目先、小手先、足先、の発想から【中身・内容】への意識がちょっとずつ動いてきているし、全体としての印象がそんな感じなので、個別に見れば明らかな変化をしている子、かなり成長している子はたくさん出てきている良い傾向にあると感じています。

そういう中でちょっと乗り遅れている子の意識をどうにか動かしたいと思いながらやっています。技術や能力の個人差は気になりませんが、【今日サッカーの練習をやりました】という部分に差があってはいけません。
闇雲にやっている子と、意味を理解しながら、確認しながらやっている子との違いは本当に大きいですからね!

今日の序盤のボールコントロールの時間はそんなに大差は出ませんが、最後の確認となる2対2、4対4では差は明らか・・・。何故この形でやっているのか?どういう意図なのか?成功の形はどうなる事なのか?などが明確なグループはやはりプレーも、内容も積極的だしみんなが生き生きしている。

でも、明確にないグループは寒さのほうが勝っている?ような状態・・・。【サッカーに行くと言えばこの格好】って決めてしまっている時点で間違っていると思う。寒さ、天気、体調に応じて工夫するのがあるべき姿なのです。
やはり、サッカーの事云々よりもやるべき事はたくさんあります。

サッカーに限らず学校や他の習い事も【行けば良い】のレベルだから変化も成長も遅くなる。頭を使わない生活ほどもったいない事はない!頭は良いか悪いか、しか考える基準になる時点で使えていない・・・。頭を使うと言うのは、自分なりの工夫や判断をするという事なのです。

それをしなくても通ってしまう今の学校生活や家庭環境こそが子供の成長を阻んでしまうという事を大人が考えたい。効率良くやる事が全てではない。成功こそが全てではない。大人がそう思うから子供にそんな環境を与える事になる。失敗から学び、一つの行動から一つを学ぶ姿勢こそが【今やるべき姿】であると分かってほしい。
みんなはトレーニングをするべきです。

人の顔色見たり伺ったり、合わせたりする事ではありません。

自分は自分。

君は君しかいない!!

そんな単純なようで一番軽視されてしまっている部分への認識をまずはやってほしい!その上で【そんな君はどうなりたいの?】を明確に持って日々を過ごせたらいいね!

トレーニングとは【それらが頭の中にある状態で行う事】であってほしい・・・。



決められた事をやる【作業】にならないように・・・・・・願うばかりです。

2021/11/11のBlog
[ 23:02 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

夜は寒くなりましたが、動く分にはちょうど良いぐらいでした。グランド状態はここ最近、どうしても時雨る時間があったりして重たい土のグランドにはなりますが、足腰の強化にもなるし、違う意味でも良い状態と言えます。この環境だからこそ出来る事をやっていきましょう!

11月に入って2年生の意識はかなり向上していると感じます。それは3年生という大きな存在が抜けて自分達がやってやるぞ!と思っているからだと思います。一年後の自分へ大きな経験を残せるように積み重ねていきたいですね!
1年生もかなり前向きな意識は見えるので成果は色々と見えてきています。

でも、大事なのは【成長を続ける事】ですから【良くなっている】と簡単に言ってしまうとどうしても甘えてしまうだろうし、満足してしまう・・・。そこを甘やかす事ではなく常に前向きな姿勢を持ち続けるという意味でも満足させないようにしていきたいと思います。

何の為にトレーニングしているのか?誰の為なのか?

をいかに明確に出来るか?です。ついつい忘れてしまう子が多いし、その【忘れた時間】こそが唯一価値を生み出さない時間とも言えます。与えられた事をこなすだけの目的では何も残りません。

今日の最後の1対1でも、同じ回数、同じチャンスの中でも大きな何かを得た子と、とりあえずがんばったという事しか残っていない子との差は本当に大きいですよ。一回で出る差なんて小さいでしょうが、この一回残せた経験を残す事が大切なのです。
未来の自分でいかにパスを出せるか?

その為には出し手になる今の自分と、
受け手になる未来の自分との意識

を合わせないといけない訳です。どうなりたい?どうしたい?を明確にしてこそトレーニングが開始されるものです。みんなの頭の中がようやく、ようやく・・・・数秒後の未来へパス出来る感じになってきました。
でも、まだその未来は一日の練習後ではないし、週末でもない。そういう単位になっていない事はまだまだ課題の山積みの部分ではあります。

ただ、この数秒後であろうと、それすら出来なかった事を考えればこのたった数秒が動いた事実は大きいのです!

焦って未来を見過ぎない事。
急いで景色を見失わない事。

結局それこそが自分の未来の可能性を狭めていくという事になるのです。未来は明るい!未来は栄光だ!って言葉は自分の未来を大切にしようとパスを送り、受け取る準備のある人にだけ、の言葉だと思う。

さぁ!毎日を大切にしよう!!