ニックネーム:  パスワード:
| MyBlogトップ | Blogポータル | ブログガイド | よくある質問 | サポート |
FC FALCO ゆおコーチのブログ ~弱い自分と向き合おう~
記事一覧イベント一覧
[ 総Blog数:6993件 ] [ このMyBlogをブックマークする ] [ RSS0.91  RSS1.0  RSS2.0 ][ ATOM ]
2021/10/30のBlog
[ 19:56 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝から快晴に恵まれた中、親子サッカー大会を開催しました♪

3年生の全体活動を今日で一旦終えるタイミングとなった事もあり、こちらからの保護者の方々への感謝の気持ちを【同じピッチの上で感じてもらいたい】という意味を込めて今回の企画を考えました。例年、夏に親子バレー大会を行ってきたのですが、コロナの影響でイベントが全て中止となってきた事もあり、そのまま高円宮杯に入ったので例年に比べて保護者の方々同士も学年を越えた付き合いが薄くなってしまっていたので、今日は全体で顔を合わせながら楽しんでもらおうと思いました。
朝、全体でラジオ体操からスタートし、その後はウォーミングアップとしてボール回しを堀金コーチのレッスンで行っていました(笑) ボールを取られたら切り替える。二人で守備をする、という鬼レッスンをやってくれましたが、お母様方はみんなとても楽しそうにやってくれていました!

父親方も数名参加をしてくださって熱心にプレーしてくれたので大会は盛り上がりました!子供達を観ている立場と一緒にやってからの違いも感じてくれたと思うし、みんなそれぞれに素晴らしい成長をしている事も分かってもらえたと思います。
ゲームをやりましたが、みんなとても良い表情でがんばってくれていたし、子供達の良いプレーもたくさんありましたが、それを越えるスーパープレーが保護者の方々からも出てきたのは良かったと思います!当然ですが、勝敗などどうでも良かった事ですし、みんなの表情やみんなの行動に変化が出た事、変えようとしてくださった事が何よりの成果です。

ついつい子供にだけ求めてしまっている事ありませんでしたか???みんなと話しなさい!挨拶はきちんとしなさい!積極的にやりなさい!なんて・・・しつけたつもりが自分自身はどうだったでしょうか???【人のふり観て我がふり直せ】という言葉があるように子供という鏡から何を感じていただければ幸いです!
今年も無事に完成しました!!!(笑)

ファルコ恒例の【人間ピラミッド】です!人と人が繋がる究極の形!(笑)

最近は怪我の予防の観点から組体操がなくなってきている中、こういうピラミッドを作る事はほとんどなくなったと思います・・・それを今日は3回の失敗を乗り越えて成功させました!しかもこの成功の際には笑顔もしっかりと出せた事、みんなの表情がこのチームの成果だったと思います。
最後は3年生は自分の親とツーショットの写真を撮りました!!

とても照れくさかったと思うし、こういう機会がなければ自分達ではなかなか出来ない(やらない?!)事だと思います。照れるのは当然ですが、そういう中にある【まんざらでもない】みんなの優しい笑顔はこの優しい保護者の方々の愛から出来ている事を感じてください!

偉そうに言ったり、ついついケンカをしてみたり・・・それでも、君達を大切に思う気持ちは世界一の方ばかり!本当に自分以外の人を最大の愛情で育てる親という存在は君達が思っている以上にすごい事であり、一生頭が上がらない相手なのです。そんな保護者の方々に今日という日に最高の笑顔で感謝のプレーを見せられた事は何よりの親孝行にもなります。これからは一歩外の世界に触れながら親のみならず【人孝行】が出来るように、自分らしく進んでいってください!

今日という日の活動に協力して参加してくださった方々、また盛り上げてくださった方々には感謝しています!ファルコとしての活動は一つ区切りになりますが、中学校生活はまだ続きますし、ファルコとの関係は一生続きますから、またどんどん顔を見せにグランドに来てください!関わってくれた全ての方へ!楽しい時間をありがとうございました【礼】
2021/10/29のBlog
[ 22:49 ] [ エリート塾 ]
今日のナイター練習!!

ファルコとエリート塾との合同練習でした。今週は室内ばかりだったので、久しぶりのグランドで思い切り活動出来ました!気温は下がり、寒さを感じますがそれでもプレーをする側にはちょうど良いぐらいだと思います!

一緒にトレーニングをしていく中で、自分が悩むのは【目の前の現象からの逆算】であり、その逆算がどんどん遡る事が出来たら、改善が核心を突く事になります。その悩み方は当然大人になった今、色々な経験を背負って振り返る事が出来ます。
今なら道路を歩く事、階段を上る姿勢すら意識を変えます。

ですが、その【日常の動き】を改善しようとすると、子供達は【つまらない~~~】って考え方になる。目先の、派手なプレーをしたがるから地道な事は前向きに出来ない習性なのです。それでも、気付かせる為に試合をして、大会に参加をして、上には上がいる事が分かればちょっとずつそういう地道な事にも取り組んでくれるのですが、経験の浅い小学生になると本当に伝える大変さを実感します。
すごく大切な事を掴みつつある自分ですが、それを伝える時に【出来るか出来ないか】だけで判断するから子供達はなかなか前向きに継続をしてくれません。出来る事はやるが、出来ない事はやらない、諦めるという発想にしかならないのです。

自分達が【ミスで失わない】ようになれば、チャンスは倍に増えて、ピンチは半減するんですよ。これは年代関係ありません!子供でも大人でも同じ。ミスを減らす努力をするよりも、【一発のスーパープレーをしたい病】みたいな所が子供には根強くあります(もっと言えばこれは期待をする大人も周りにいるからだと思います)。

今まで曖昧にしか伝えられなかった事の中で明確に言える事も増えてきた。その上でのメニュー、トレーニングなのですが、【こなすので精一杯】になってテーマや狙いなど全く頭に残らない子がまだ半分ぐらいはいると思う。自分の頭で理解し、自分なりの工夫が始まってこそ【トレーニングの意味】が出る。

リフティングじゃなくて、ドリブルじゃなくて、【自然な形でプレーをする】という言葉が最適だと思う。この思考への価値観を揃えるのが新チームには最優先課題になると思っています。
身体が随分と賢くなってきている今、自分の頭の中をきちんと整える事は必要になります!

大切な事はシンプルだし、地味だし、目立たない。でも、その価値に気付く子からどんどん大成していくんだと思う。今ですら、【もうちょっと早く気付いてやっていれば良かった】と思う事もあると思う。だからこそ次のステージの自分へのプレゼントのつもりで今しっかりと考えて自分に残るようにしてほしい!

地味なプレーほど、各自の色が見えやすい。歳を重ねてから気付くのではなく、今の自分が今の自分に必要な事を向き合って考えられるように大切な時間を使いましょう!!
2021/10/28のBlog
[ 22:19 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

火曜日に引き続き、グランドが使えなかったので室内練習となりました。

サッカーとは???という問いにみんなはどう答えますか???それがチームのカラーと言っても良いと思います。

みんなの頭の中にあるサッカーというものがどのように存在しているのか?それがすごく興味あります。
指導をさせてもらう立場になって、これまでは自分から教える事ばかりのイメージでしたが、みんなの頭の中はどうなっているの?という疑問を最近は細かく持つようになりました。どの年代、中学生、小学生、幼稚園児でも同じように考えます。そして、その子供達の思っている事、知っている事に対して何かを言わなければ伝わらないという事実も分かりました。一方通行では頭に入らない。そこまでは大人の中でも気付ける人は多いのですが、そこから先の【主役を相手にする】事が出来るかどうか?の部分だと思います。
今日の練習でも、あくまで主役は子供達!その選手達の頭の中がどのようになっているのか?どう動いているのか?どうしたいのか?などを探らせてもらいました。

どんな練習をやるよりも、どんな意味を持ってやるのか?の重要性を感じます。どこのチームでもやっているようなメニューだとしても、意図としている事に違いがあれば別メニューになるのです。今日も昨日のスクールでやったメニューをやりましたが、中学生らしく違いは見えたものの、【基準のつくり方】にやっぱり大きな勘違いを感じました・・・。
もちろんそれが選手が悪いと思っていません!むしろ、そのようにさせた自分の責任なんだと痛感します・・・。

サッカー観という言葉で片付けると簡単なのですが、サッカーをやるという事にどういう意味を持てるのか?だからこそどんなメニューで何を考えるのか?だと思うのですが、やっぱり【一つの正解】を求めようとする頭と、失敗しないように、という頭。これが大きな邪魔となり、【試してみよう】の発想がまるで出てこない・・・。対ボールの時には出てくるようになったし、遊べるようになってきたのに、対人になってくると遊べる余裕と言うか、発想自体がなくなる・・・。
サッカーIQなんて言葉で説明もしました。

段階を踏んでIQを高めた人は、様々な場面に、様々なやり方で対応出来る人の事です。レベルの高い事を一発やる人の事ではありません。地味な事であっても【必要に応じた】事が出来る人なんでしょうね!

技術が優先されて、いつしかロボットを作ってしまいそうな自分が昔はいました・・・。でも今は心を挟んできちんと人間を作ろうと努力出来ています。一人一人の違いがきちんとピッチの中で出るようにしていきたいと思います!
2021/10/26のBlog
[ 22:48 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

グランドが使えなかったので、室内トレーニングとなりました。3年生の大会も終わり、チームがまた再スタートのような時期ですが、うちとしては再も何もないのでずっとやってきた事を繰り返していくだけだし、3年生が出来て1,2年生が出来ていない部分は再度見直し、またやり直す感じでやっていこうと思います。

3年生は次のステージに向けての準備になるし、チームはみんな別々になってもまたサッカーをやっていると繋がっていくはずだから個々で成長してほしいと思います。
今日の練習では【覗く】事を再確認しながらやっていきました!

言葉では何となく理解出来ている所を、身体でも表現出来るようになってほしい。頭では分かっているけど・・・の事は増えているのは分かるし、そのイメージに身体が追いついていない所は多い・・・。みんなの、特に1,2年生の技術はまだ自分の動き、もしくはボールの動きが止まった時のみの感じだから、自分もボールも動いている時に扱えるようにならないとね!

技術は一人の時間でやりこんでほしいし、チームでやる時は周りを通じて確認したり、競争したりしてほしいと思います。
どういう原理でボールは動くのか?自分の身体は動くのか?などを考える事はサッカーをやってきてあまりなかった、全然なかったと思う。

でも、それは選手のみならず大人もそうだと思う。だからいつまでも【がんばりなさい!】で何とか乗り切ろうとする。気合いや根性で出来ると思っている。

子供に質問をします。。。

【どうやったらうまくなる???】と。

ほとんどの子供が、【練習をたくさんする】と答えます。
量をやれば何とかなる・・・・と言うかたくさんやればそのうちに、身長のように・・・気付かないうちに伸びる【だろう】と思うのです。

そんな不明確な事にいつまでも頼っていくのはおかしいと思うし、そのおかしな事を大人自身がおかしいと気付かないと変化は始まらない。どこかで自分のやってきた事が正しいと思い込むフシがあるから結局変えないまま、独断の知識でやりこもうとする。。。

それが一番子供にとって良くない事だと大人が気付いてあげないとね!
自分も毎年指導は変化していると実感する。

それは、色々な気付きがあるから!ありがたい事に学べる環境が毎日あるから変われる。変わりたいと思う気持ちが本気になれば、変われるタイミングはたくさんあるし、出会いも変わる。

変わりたいんだけど・・・って何となくしか思っていない人はチャンスもきっと見落とす。本気の気持ちで環境は変わっていくもの!そう信じてやってきたし、今もやっている。自分に必要な事は常にある。それを獲得しようと思うか?関係ないとか必要ない、と思ってしまうか?の差だろう。

上には上が、下には下がずっといる。どちらを観るか?ですね!上を向いて、色々な景色を観て、感じて、がんばっていこう!!
2021/10/24のBlog
[ 21:41 ] [ FC FALCOとは‥ ]
今日は朝からクラブユース選手権大会がありました!

コロナの影響によって昨年から行われた大会ですが、3年生の為に、一つでも多くのチームに関西大会のチャンスを与えよう!という思いの中で開催してくださっているありがたい大会!今年は高円宮杯も県大会に出場出来た事もあって、決勝トーナメントからの参加が出来る事となりました。
ファルコの為に、やチームの為に、とかじゃなく一人一人のこのファルコでの時間の集大成になれば良いと思いました。

初戦の相手はフォルテ新宮さん!最近はなかなか交流出来ていなかったのですがいつも良いチームなので対戦は楽しみでした!
この写真でも分かるように【気合い十分】ではありませんでした(笑)

強い気持ちがありながらも、こういう感じにうまく脱力出来るのが今年のチームの最大の魅力!がんばる所を分かっているからこそ、こういう部分でうまく力が抜けるのは良いお手本になりました!自分もそれを十分理解している上で、やらないといけない!みたいなプレッシャーを掛けるような言葉は一切出さずに、本当に長い目で見守る事が出来ました。

3年生はとてもサッカーが大好きな学年だったし、それが伝わるからこそ安心して任せられる部分もたくさんありました。毎年変わるカラーですが、この3年生も本当に異質だったし、とても素晴らしい学年の一つだったと誇れます!
程良い緊張感と同時に、やってやるぞ!の気持ちもみなぎっていたみんな!!

ベンチも精一杯の応援をさせてもらいました!たくさんの保護者の方々の後押しに、OBからも志染メンバーのみんながわざわざ駆けつけてくれたし、みんなの姿を観ようと来てくれた想いには感謝しかありません。高円宮杯の際にも多くのOBが駆けつけてくれたし、そういう一人一人の想いの上に【今】が成り立っている事をうれしく思いました。

試合は相手の勢いと迫力を感じましたが、今のチームは毎試合いわゆる【入りが悪い】というのが特徴です。これは改善したくても、しようと思えば思う程に硬くなる事に気付いた自分はある日を境に、諦めました(笑) 最初が悪くても1試合をトータルで考えれば良いだけだと思うし、みんなの育成年代だからこそ気付いてほしい部分でもあるから最初にうまく入れない事も今日なんて【ご愛嬌】という感じで見れる自分がいました♪
浮き足立っている中ではありましたが、やはり落ち着かせてくれたのは主将でもある朔弥くんのボールタッチ!周りとは違う【らしさ】を出してくれた事で、ちょっとずつうちのペースにもなってきたし、強烈な先制弾を浴びたにも関わらずそこからチャンスが増えて優耶くんのゴールで同点に!良い流れと勢いを持てた事で、さらに前へ圧力をかけ出すと、コーナーキックのチャンスも増えてきたりと相手陣地でのプレーが多くなりました。

そんな中で前の積極的な姿勢によってポッカリ空いた中盤のスペースにボールを持ち出した朔弥くんの意表を突く左足のミドルシュートが綺麗に決まり逆転に成功!!

前半リードに折り返しました!ハーフタイムにも【どんな展開になろうとファルコらしく攻撃をしよう!勝つ為に引くとか守備的になるのはやめよう!】と送り出しました。後半も圧力を強めてきた相手にしっかりと我慢を強いられましたが、冷静に対応している矢先にアクシデント・・・。仲間同士の接触による負傷で、守備の要である斗碧くんが負傷交代・・・。ここで一気に流れが変わりました。今のルール上では負傷させられたチームは治療に時間をもらえるのですが、仲間同士の接触という事もあり、交代を入れるまで10人で戦う事になり、バタバタしている中で失点しました。

チーム的にもかなりきつい時間帯だったし、斗碧くんの介抱をしなければならない状況だったので、試合を冷静に観る余裕もなく万事休すと思ったのですが・・・・中で戦う選手達が色々自分達でしゃべって、改善し、戦い、何と流れの苦しい中で追加点を挙げる素晴らしい力を見せてくれました!すごい事だったのですが、内面はまだまだ幼い中学生・・・・心のどこかで【後数分我慢して守れば・・・】の意識が出てしまい、逆にその守る意識によって前への推進力が下がり、疲労感も守備に回ると意識してしまうのでラストのラストでフリーキックを直接決められて再び同点に・・・。勝負はPK戦になりました。

悔いのないように、キッカーは全て3年生!思いをみんなで繋げましたが、結果は後一歩及ばず敗戦となりました。

が、何も悲観するものなどなくこんなに最高のチームで、最高の試合を見せてもらえた事が何よりも素晴らしい事です。小学生年代には地域のトレセンにすら選ばれないような選手達が、学年で1チーム作れないチームが、こうして県レベルでも堂々と戦えるその姿は本当に頼もしく、誇らしいものでした。自分は周りにどんな批判をされようが、何を言われようが、このメンバーの成長ぶりは本当にどのチームの選手にも負けないと言えます。このチームの、このメンバーに関われた事は自分の中の大きな財産になると思います。

今日で3年生の大会と試合は終わりました。でも、好きなサッカーはずっと続けられるし、その姿をずっと応援しています。自分なんかが監督じゃなければもっと強くなっていたかも知れない。でも、自分はみんなとの時間が最高でした!これからも、自分なりの人生を歩む中で今日のがんばりは絶対にいつか思い出すはずです!そんな未来への大切なプレゼントが出来たみんなに心から拍手を送ります。本当にありがとう!!


たくさんの応援してくださった保護者の方々、また対戦してくださったフォルテ新宮さん、大会を開催、運営してくださったクラブユース連盟の方々、本当に、本当に、ありがとうございました【礼】
2021/10/23のBlog
[ 22:38 ] [ 練習の様子 ]
今日は昼間のトレーニングを行いました!

明日はクラブユースの3年生にとっての最後の大会があります!とは言ってもいつも通りです!特別に何かをやらないし、出来ない。積み重ねた大切だと思ってくれた事だけが出来ると思っています。選手を信じるという事と、出来る技術を信じる事は別物だと思っているし、選手はもちろん信じていますが技術の部分での各自の意識という点ではやっぱり習得しようとする姿勢、取り組み方、考え方はまだまだ見直す必要があると思っています。
子供は悪くありません。

分からない事は教える立場のこちらに原因がありますから。だから選手と対話をして、理解を深め、伝わる言葉を選び、伝える事と伝えない事を分けたりしながらやっています。

もうちょっと疑問を感じ、トレーニング中に改善していく努力が欲しいというのがコーチの思いです。一生懸命にこなしてくれるのは良いのですが、そればかりになってしまって考える余裕もない子が見受けられます。考えないでやった事は身体に染み込んでいきません・・・。自分の頭、身体をしっかりと使って理解する経験を増やしていかないとね!
子供達を見ていると、【出来ない事は恥ずかしい事】という認識になっていると思います。

でも、大事な育成年代を考えれば今だからこそ多くの失敗と多くの発見をしてほしいと思うのです。出来ないという認識が出来たら【どうしたら出来るようになるのか?】と考えれば良いのですが、多くの子は【面白くない・隠したい】というような思考が強くなります。これは育つ環境にも要因はあって、【何かを成功したり、形に残した時しか誉めない】習慣になると、どうしてもミスは隠したくなるものです。こういう部分から変えていこうと思うと、普段の習慣があるから本当に時間がかかります。
それでも、前向きに変化したいと願う子は顔つきが変わるし、行動が変わる。

人に聞く、分かる人に聞く、コーチに聞く。どの方法でも構わないのですが分からない自分のままでは分からない事がほとんど。アクションして、誰かを使って考えれば答えも多く見つかると思います。

出来ないと悩む時間は悪い事ではないし、それも成長している一つの証!何も考えずに身体だけ動かして、汗をかいて、【面白かった】で終わっていた少年時代から一歩進んでいるのです。活動回数も増えればうまくいかない事、悩む事が増えるのも当然なのです。
よく言われます。

【小学校の時はもっと楽しそうにサッカーをやっていた】なんてね。それって単純に活動が週に一回や二回しかない上に試合もあまり多くをやっていない環境の中【だから】なんです。だから、中学生になって学校の事も含めて色々生きている中で悩む事は大切な事だし、そうやって成長していくものです。

プレーの事も今日は細かい事をたくさんやりましたが、何が、どの程度残ったか?は各自によると思います。自分が毎日変われるチャンスがある事を忘れないように日々を大切に過ごしていきましょう!!

明日の大会はファルコらしく、一人一人が楽しみながらも、しっかりと戦う姿勢を持ってがんばりましょう!!
2021/10/22のBlog
[ 23:19 ] [ エリート塾 ]
今日のナイター練習!!

昼間は良い天気だったかと思えば午後には強い雨も降ったりして不安定な天気となり、グランドも水が一気に浮いてしまいました・・・。なので、急遽室内でのトレーニングに変更しました!

この時期は気温差によって体調が変化しやすい時期でもあるので体調管理には十分に気を付けながらやってほしいと思います。
今日はちょっとやり方を考えてみました!

3年生、2年生、1年生を3グループに分けて小学生達に指導をしてもらいました。それぞれの学年にテーマを与えて、そのテーマに沿ったトレーニングをしてもらいました。ただし、小学生にはそのテーマを伝えない事を条件にしてメニューも考えてやってもらいました!

とても難しい経験ではあったと思うのですが、みんなの【教えられる事】は言わば【自分が教えてきた事】だと思っているから、それがどのように反映されていくのか?がテーマでした。
やってくれたみんなの様子を見ながら、【あ~このメンバーはこのトレーニングをパスだと思っていたのか~】とか【これがドリブルだと思っていたのか~】など、発見が多々ありました。

でも、そういう中で伝える言葉には大きな成長が見られたし、1年生~3年生へと学年が上がるにつれて伝える言葉も上手になっているのがよく分かりました。本当に日本語でも同じですが、習いたての頃は【単語】から覚えます。それが繋がって文章になっていくのですが、今日も1年生の指導を受けた小学生の感想はほとんど【単語】でした。これは1年生自身が意味を理解しきれない状態でやってきたからだと思います。
2年生は真面目に、一生懸命に、2年生らしいカラーで伝えているのがよく伝わってきました!

小学生にも丁寧に伝えた事がしっかりと残っていた事が多かったし、それは良かったのですが真面目が故にあれもこれも伝えようとしすぎる部分は感じました。。。とは言え、それすらもコーチ自身の反映されたものだと考えれば、自分がこの2年生はうまく伝えていく必要があるという事だと思います。子供達の成長ぶりはこうやって色々な形で見えるし、分かるので、今日のような時間も本当に大切だと思いました!
3年生は身体も頭も柔らかくなってきたので、やり方も、伝え方も、経験を通してうまくなっている。だから受けた小学生の中にも残る言葉や大切なポイントがしっかりとあって、3年生らしさを感じました。

サッカーがうまくなる、という事は伝えられる事も増えるという事だと思います。自分が分かった事が増えるという事だから伝える言葉も重みが出てくる。

こうやって子供達は進化しているし、それに自分や大人が遅れないようにしなければならない。子供達は成長している・・・そういう目で見れているでしょうか??いつまでも大人の自分が上に立っている気になっていませんか?学ぶ事をやめたら子供のほうが上に行くものですよ!

そんな事を教えてくれる良い時間となりました!みんなで共に成長していきましょう!!
2021/10/21のBlog
[ 22:49 ] [ 練習の様子 ]
今日のナイター練習!!

夜はすっかり気温も下がって本当に寒くなってきました。その中、テスト休みが半分近くいたので、まだ全員が揃っていない状態ではありましたが、元気にがんばりました!

ファルコとして取り組みたい形というものが明確になってきています。それぞれのチームのカラーというものがあるとは思うのですが、やはりファルコは【ここからだ】と思う事があります。一昔前には、【ボールをたくさん触ればうまくなる】と信じていました。それが間違っているとも思っていません。
でも、この地域の子は失敗を怖がる子が多いから、同じ事しかしない傾向が強く、出来る事をひたすらやっている印象が強いです・・・。それで誉められた、すごいと言われた、などのうれしい記憶があるからだと思うのですが、そればかりをやってしまうから他の動きが全然出来ないとかになってくる。

そんな経験からも最近思っているのは、【まずは自身の身体】だという事。それを知らないといけないのです!例えば今日もやりましたが、【脱力しよう!】と言っても、言葉は理解出来るのに身体は出来ない・・・という訳です。
どうしてなのか???やっぱり幼少期から【全力でがんばりなさい!の文化】が植えつけられているからだと思う。

思い切りがんばったらゆっくりしなさい!という部分がなく、学校でも、家でも、習い事でも、どの場面でも常に全力を求めてしまう、期待してしまうのが親の大半なのです。。。だから脱力は出来ない・・・。みんなのベストプレーって大抵良い力の抜き加減によって出されるのですが、それを意識して行う事がなかなか出来ません。力が入りすぎて仲間の指示すら聞こえない、なんて事も多々あります。
そんな状況を少しでも変えていこうと思っています。

自分で気付き、自分で感じ、自分で考え、自分で行動。

どうでしょうか???それが出来る状態にする事が【育てる】だと思います。大人の決まった事を伝えて、やらせている、では育てるとは言わないと思います。

ここにほとんどの時間を割いてしまう事になるのですが、おかげで3年生の頭と身体はかなり緩く、賢く使えるようになっていると実感しています。だから間違っているとは思わないし、これからも継続させていきたい部分です。
焦る必要なんてないし、急ぐ事もない。

本人がなりたい形を明確に見つければ速度は調節していきたいけれど、基本的には毎日ゆっくり成長していくきっかけを得る事がベストです。時には成功を、時には失敗を、全てを正しく受け入れる事で成長していけると思う。

無駄な日なんて一日もありません!無駄にするかどうか?は自分次第なんで、毎日の中身をしっかりと育てていきましょう!!
2021/10/16のBlog
[ 18:31 ] [ 試合結果 ]
何故試合があるのか?何故練習があるのか?考えた事がありますか???

朝から赤穂さんとのトレーニングマッチでした!良い天気だったし、グランドも草が多い元々の状態から明らかに綺麗にピッチ内を処理されている【努力】が見えますよね?そういう相手からの敬意に対して自分達は全力のプレーでお返し出来ましたか???

最近特に、子供達の中にたくさんの【緩み】を感じます。これぐらいでいいか・・・言われないからいいか・・・ちょっとぐらいいいか・・・そういう行動があちこちで見受けられます。
目の前の出来事を一生懸命にやっているだけでは【がんばった】と【疲れた】しか残りません。

どうしてサッカーをやっているのか?試合はどういう意味があるのか?練習の意味は何だろうか?その繰り返しの中で気付く事が大切なのです!せっかくゲームをやりながら、現状のスタメンメンバーと一緒にプレーしている中で何かを感じてほしいのに、ただの【遠慮】では何も残らない・・・。前向きに関われる選手と一歩引いてしまう選手・・。この差は大き過ぎる・・・・けれど、歴代を観てもずっとこうなっているファルコの地域柄という部分も感じます。
試合は2試合と紅白戦を一つ入れさせてもらいました!

厳しい言葉はやっぱり聞いている時は辛いかも知れない・・・でも、それが一切ない世界に行くと本当に成長が止まる。厳しい基準の人がいてくれるからこそ成長がある。乗り越える特効薬などないけれど、コツコツ乗り越えられたら気付いた時に大きな成長を実感出来る。

そうなってもらいたい!と言うよりもそれしかない!!のです。
誰だってしんどい、きつい、嫌な思いなどしたくはないです。でも、そういう思いも全部含めた先に【強くなった自分】が待っているんです。

そういう経験を【人間性が育つ】というのです。苦しい事、辛い事、嫌な事を避けて育つものなどありません。そんなのは社会に出た時に一瞬ですり潰されます(笑)

強く生き残っていく為にも、自分の中の殻を何度も何度も破って進んでいくしかないと思います。
今日という一日が価値あるものかどうか?

はやっぱり良くも悪くも心が動く事だと思う。やる気に満ち溢れたり、感動したり、嬉しかったり、悲しかったり、悔しかったり・・・その全ての経験が自分を育ててくれるし、強くしてくれる。だから、今はそのどれかを選ぶのではなく、全てを受け入れるべきなんです。

そのどれかの感情にしっかりとぶつかっていくからこそ一日が価値あるものになる。大人に気に入られるような言葉を並べ、怒られないように、機嫌を損ねないように、なんて考えてる時点で、自分の成長から目を背けているのと同じ。毎日成長出来るって意味はそういう事。正しく心を動かして精一杯の行動をしていく事です!

その先に出てくる【今日の答え】をしっかりと受け止めて明日に繋げていきましょう!

準備、対戦、片付けをしてくださった赤穂FCさん、ありがとうございました【礼】
2021/10/15のBlog
[ 23:17 ] [ エリート塾 ]
今日はナイターでエリート塾とファルコの合同練習会でした!

昼間の暑さはまだ残っていますが、夜になると一気に気温が下がり、この時期は非常に体調を崩しやすいです。特に子供達は運動会や秋は運動絡みの行事が多く、汗もかく機会が多いのですが、着替える事への習慣が薄い地域なので・・・風邪ひかないようにしっかりと着替える習慣まで大切にしてほしいと思います。

前半のメニューは全員一緒にやりました!

身体を使うやり方、考え方を中心にボールを触りながら頭を動かす事をやっていきました。サッカーは技術がとても大切なんだけど、技術を補える方法もあって(それに頼るという意味ではありません)、技術の部分と繋げられたらよりパワーアップ出来るはずなので、この身体を扱う考え方も大切にしてほしいと思います。涼しくなってきたせいもあるのか?!頭が動く子が増えたし、集中力も上がっていると思います。
後半は中学生と小学生を分けました!

中学生は堀金コーチに任せ、自分は小学生のほうをしっかりとサポートしていきました!まだ自分は何かを伝える際の物事を正しく言語化するのが下手なので、うまく伝わらない部分があります。でも、子供達の中で、何かをイメージしたり、考えたりしてくれるので、自分の下手な言葉に引っ張られずに自分のイメージでやれる子が増えてきました。

そして、本人がなかなか気付いていない成果も見えてきています。非常に柔らかく、良くなっている部分も多いので、続けてほしいと思います!
歴代の卒業生や現役の中学生がいるおかげで、何を伝えればどうなっていくのか?逆にやらなかったらどうなるのか?も良い手本がたくさんあります。

ファルコは規模が多いチームではないですが、17年もすれば多くの卒業生、多くの個性があったし、みんながどうなっていくのか?は確定する訳ではないですが、どういう流れになっていくか?は分かるようになってきました。でも、伸びしろによる変化や成長だけは読めないので、ここは良い意味でいつも裏切って成長してくれています!
小学生も何が一番変化してきたって、【ボールに向き合う目】が本当に変わってきた。与えられた事を嫌々だったり、何も考えずにやっていたみんなが、今は気持ちが入ってきました!

とても良い顔で、ボールと向き合っているから出来る事も、分かる事も増えた。それは考えたというだけの事ではなく、ボールの気持ちになってきた、という言い方も出来ると思う。どう扱えばどう動くのか?などが頭や感覚で分かるようになってきたのでしょうね!良いメニューって頭で理解させるばかりじゃなくて、感覚的に入っていくようなメニューも良いメニューだと思うから、こういう色々なやり方を組み合わせながら子供達に合った方法を見つけていきたいです!

今日は半分以上の子が時間が過ぎても【ボールを触りたい】感覚が出てきていたし、これって本当に良い流れだと思います!こういうサッカー大好き、ボール大好き、って気持ちが減らないように、増えていくようにがんばりたいと思います!!